「今はドスケベ」の矢口真里 不倫騒動後「島田紳助に救われた」と初激白

「今はドスケベ」の矢口真里 不倫騒動後「島田紳助に救われた」と初激白

「今はドスケベ」の矢口真里 不倫騒動後「島田紳助に救われた」と初激白

人気アイドルグループ・モーニング娘。の元メンバー、矢口真里(34)の人生を変えた不倫騒動。自業自得とはいえ1年半もの謹慎を余儀なくされた。

そんな矢口が、23日深夜放送『オー!! マイ神様!!』(TBS系)で、謹慎期間中に届いた「島田紳助のメール」について触れ、話題となっている。

(画像は矢口真里公式Instagramからのスクリーンショット)

■『ヘキサゴン』から学んだこと

自身が「神」と仰ぐものを紹介する同番組で、矢口は、一時代を築いたフジテレビのクイズ番組『クイズ! ヘキサゴン』を神と紹介。

「おバカ」を取り上げ、半分は音楽番組だった『ヘキサゴン』はクイズ番組の常識を逸脱した存在。「常識に囚われない生き方」を学んだと語る。

また、「自分の壁をぶち破って、自虐で笑いを取る方法」を身につけ、「当時はキャラもなくて普通。今はドスケベポジションになった」と、言葉通りの自虐を披露し盛り上げた。

■不倫騒動を救った島田紳助

不倫騒動発覚後、1年半にわたり芸能活動を自粛。引きこもり生活を続けていた矢口を救ったのは、『ヘキサゴン』の司会・島田紳助からのメールだった。

「人生ゆっくり行きましょう。僕は今までできなかったことをいっぱいしています。ゆっくり行こう」

忙しない芸能界で、忘れられる怖さに怯えていた矢口は「ゆっくり、分かってもらえる人に分かって頂いて、頑張っていこう」と思えたと当時を思い返す。

最終的に島田紳助を「神様」と結論付けた矢口に、爆笑問題・田中裕二(52)、メイプル超合金・カズレーザー(33)らも共感を示した。

■視聴者からは厳しい声

「這い上がるメンタルはどこから湧いてくるのか」尋ねられ、「芸能界が大好き。諦めたくない。好きだから続けている」と本音を明かした矢口だが、視聴者からは厳しい意見が溢れていた。

深夜帯のテレビ滅多に見ないんだけど矢口真里出てたからそっとチャンネル変えた

— Daisuke@CB750F (@DD_cb750fb) October 23, 2017

矢口真里大っっっ嫌い
ふ〜り〜ん〜や〜ろ〜う〜き〜ら〜い〜

— みなと (@c_law2015abc) October 23, 2017

矢口がバラエティに戻ってきていじられてる分にはなんとも思ってなかったけど、堂々と美談みたいのしてるのは違和感あるな〜

— ? (@tokyo247tokyo) October 23, 2017

やっぱなんか矢口好きになれないわー
別に自虐ポジションで頑張ってるのはいーけど、なんか開き直って自分エロいとかいってるの意味わからんし、なんか鼻に付くんだよなあの人(笑)

— 魚座ロマンチスト (@feb27_okigirl) October 23, 2017

■不倫騒動を許せないタレント1位

しらべぇ編集部で、全国20〜60代の男女1,354名に「不倫報道のあった女性芸能人の中で許せない」のは誰か、複数回答で調査を実施。

全体の47.1%が「許せない」とした、最も許せない女性芸能人として矢口が選ばれている。

©sirabee.com

有名人の不倫騒動に世間は敏感で、活動自粛をしたとしても「許せない」想いで溢れているようだ。

復帰後、「自虐」を「笑い」に変えようと奔走する矢口だが、その姿が逆に視聴者の反感を大きくしているのかもしれない。

・合わせて読みたい→矢口真里、元不倫相手との再婚について言及 その内容に非難の声も

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ)

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年9月29日〜2017年10月2日
対象:全国20代〜60代の男女1354名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)