『フリンジマン』佐津川愛美の大人のかわいさに腰砕けて…

『フリンジマン』佐津川愛美の大人のかわいさに腰砕けて…

『フリンジマン』佐津川愛美の大人のかわいさに腰砕けて…

テレビ東京系で毎週土曜日深夜24時20分から放送中のドラマ『フリンジマン〜愛人の作り方、教えます〜』。(時間は関東地方)

愛人の作り方を学ぶことができるという、草食化がこれだけ叫ばれているこの時代にあってなんとも大胆な本作は、深夜枠ながらも多くの熱心なファンを獲得することに。

筧美和子、岸明日香パートが終了し、今夜第7話の放送を迎える本作。これまでを振り返りつつ、見どころをレビューしていこう。

■みーこ・あすぽんパートを振り返り

(画像提供:(C)テレビ東京『フリンジマン』)

本作は愛人が欲しくて仕方がない、田斉治(大東駿介)、満島由紀夫(淵上泰史)、坂田安吾(森田甘路)の3人の非モテ男たちが、「愛人教授(ラマンプロフェッサー)」として活動する井伏真澄(板尾創路)に「愛人作り」のノウハウを教えてもらうことになるというストーリー。

(画像はTwitterのスクリーンショット)

会社の後輩で愛人の原石である山口詠美(筧美和子)と近づこうと考えた田斉は、元カレのフリをすることで彼女と急接近するが、坂田の余計な(?)アシストで彼女にAV女優と整形の過去が判明。結果、愛人関係は成立せず。

(画像提供:(C)テレビ東京『フリンジマン』)

続いて満島は2人の女性を愛人候補に行動開始。デパート店舗案内係の川上ミエ(佐津川愛美)と、キャバ嬢の江口カオリ(岸明日香)だ。首尾よくカオリとのデートに成功し、大人の社交場・ラブホに入ることに成功する満島。

(画像提供:(C)テレビ東京『フリンジマン』)

しかし、彼女の腰付近にタトゥーが入っているのを発見。おまけに彼女は彼氏持ちだと言う。怖気づき、すっかり色んなところが縮こまってしまった満島は、カオリに置いて行かれてしまうのだった。

■佐津川愛美から衝撃の告白が……

(画像提供:(C)テレビ東京『フリンジマン』)

第7話のあらすじをチェックすると……

仕事そっちのけで、川上ミエ(佐津川愛美)とのやりとりに夢中の満島由紀夫(淵上泰史)は、再び朝10時からデートすることに。井伏真澄(板尾創路)ら愛人同盟の力を借りずに愛人を作ると息を巻くが、結局は井伏が田斉に教えた手を使う満島。

(画像提供:(C)テレビ東京『フリンジマン』)

しかもことごとくうまく行かない。ミエは早々に帰ってしまう始末。焦った満島は、ある思い切った行動を起こすが…。そんな中「雀荘北」に、怪しげな男・江戸川雷人(東幹久)が来店する。

(画像提供:(C)テレビ東京『フリンジマン』)

■佐津川愛美のかわいさに魅了される第7話

毎週、Amazonプライムで先行公開されているもの確認してその回の見所・感想を箇条書きでお伝えしているこのシリーズ。第7話はこんな感じだ。

・佐津川愛美の大人かわいさがスゴイ…あどけなさと大人っぽさが絶妙に共存していて魅了されてしまう

・なるほど、ミエにはそんな秘密があったのか。でも男が既婚を隠して愛人を作ろうとしているのなら、女に秘密がある可能性も当然あるわけで…

・今回はお色気なしの回、と思いきや風俗嬢役でグラドルの伊藤しほ乃が! 登場の仕方はなかなか雑だが、「揺れ方」はスゴい……このサービス精神こそ深夜枠!

・そして「愛人同盟」の絆に思わすうるっと……バカバカしいことに一生懸命になれる、まさに愛すべきバカたちだ

正直、エロ要素は今までよりは少ないものの、ストーリー的にはなかなかの盛り上がりを見せる第7話。ドキドキ感だけでない友情や大人の男女の哀愁を楽しもう。

《これまでに配信した『フリンジマン』記事一覧はこちら》

・合わせて読みたい→岸明日香が下着姿になって思わず…『フリンジマン』第6話

(文/しらべぇドラマ班・クレソン佐藤)

関連記事(外部サイト)