ジョイマン再ブレイクに南キャン・山里「時代が追いついた」 深田恭子、藤田ニコルと関係も

ジョイマン再ブレイクに南キャン・山里「時代が追いついた」 深田恭子、藤田ニコルと関係も

ジョイマン再ブレイクに南キャン・山里「時代が追いついた」 深田恭子、藤田ニコルと関係も

「ナナナナーナナナナー」のリズムに合わせラップを刻むネタでブレイクしたものの、その人気も長くは続かず、一発屋芸人と呼ばれてきたジョイマン。

彼らが、9日深夜放送『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)、『深夜に発見! 新shock感〜一度おためしください〜』(テレビ東京系)に登場し、視聴者から歓声が上がっている。

(画像はジョイマン・池谷和志Twitterからのスクリーンショット)

■「客0人」がネタに

約10年前にブレイク後、テレビでの露出は激減。近年は自身のツイッターで活動を報告する日々だ。

開催した握手会やラジオの公開生放送、営業でも「客0人」を記録し、ネットが少しざわついたものの、テレビでの露出にはつながっていない。そんなジョイマンが、俄かに再ブレイクの兆しを見せている。

■深田恭子と藤田ニコルも関係あり

『向上委員会』や『新shock感』で最近のエピソードを語る。

スピードくじBIGのCMで女優・深田恭子(35)らが、「ナナナナー」ネタを披露したものの、「自分たちは出演していない。オンエアの1週間前に事務所から『許可を出しました』と報告があった。口止め料(使用料)はいただけるらしい」と恨み節。

さらに、人気モデル・藤田ニコル(19)が以前、自身のネタのひとつ「ありがとう、オリゴ糖」を使っていたが、「誰もジョイマンのでしょとツッコまず、『にこるん語』と書かれていた」と嘆きは止まらない。

これを受け南海キャンディーズ・山里亮太(40)は「やっと来たね、ちゃんとした時代が。ジョイマンはいま味わうべき。ジョイマン復活の日」と再ブレイクの兆しを匂わせた。

■なぜか細野晴臣まで…

大物ミュージシャン・細野晴臣(70)もライブで「ジョイマンが気になる」と発言、ネタを数回披露したとファンの間で騒がれるなど、多方面でジョイマンが再び脚光を浴びている。

この日のテレビ出演でも、視聴者から驚きと喜びの声が相次いでいた。

まさかまたテレビでジョイマン高木さんを見られる日が来るなんて(´;ω;`)

CMで深キョンがナナナナーってやってるのを見てテンション上がった日を思い出す。

何か知らんがジョイマン高木さんが好きだ。

相方さんは… 名前も顔も声もツッコミ方も何ひとつ思い出せない。

— ひよこまめ (@hangman_f) December 9, 2017

おい!!!ジョイマンがテレビに出てるぞ!!!!!!!!

— かわいねね (@aoaomi) December 9, 2017

テレビでジョイマン久しぶりに見たな

— コージ (@_koZikoZi_) December 9, 2017

久しぶりにジョイマンを見たとき無性に興奮した

— ぽむりん (@syoutapomlove) December 9, 2017

ジョイマン好きだったからまさか2017年にまたネタが見られるとは思わなかった…うれしい…(^ω^)

— とむこ(∵???∵) (@kohori_4212) December 9, 2017

ジョイマン生きてたんか…
よかった…ほんとに…。

— Nie(にー) (@nie2gpokevo) December 9, 2017

■26.6%が「一発屋芸人はかわいそう」

しらべぇ編集部で、全国20〜60代の男女1,365名を対象に調査したところ、26.6%が「一発屋芸人はかわいそうだと思う」と回答している。

(©ニュースサイトしらべぇ)

「1発当てるだけでもスゴイ」という考え方もあるが、それでもやはり、世間の一部は「かわいそう」と感じている。

ブレイクの喜びと一発屋芸人としての苦悩を味わったジョイマンは、それを自虐ネタに昇華できるまでに成長したようだ。1周回ってネタが再評価され始めた彼らが、2018年の「台風の目」になるかもしれない。

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年9月23日〜2016年9月26日
対象:全国20代〜60代の男女1365名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)