フィフィ、6年産休・育休のNHK青山アナに苦言 「母親を持ち上げすぎ」と持論も

フィフィ、6年産休・育休のNHK青山アナに苦言 「母親を持ち上げすぎ」と持論も

フィフィ、6年産休・育休のNHK青山アナに苦言 「母親を持ち上げすぎ」と持論も

(Jaengpeng/iStock/Thinkstock)

働く女性たちが、妊娠や出産による不利益を受けないため、マタニティハラスメント(マタハラ)を防止する措置が義務付けられている昨今。産休や育休制度により、仕事と育児を両立したい女性たちが働きやすい社会になりつつある。

しかし一方で、休業を取得する背景に批判があるのも事実。この問題について、タレント・フィフィ(41)が27日に自身のツイッターで持論を述べた。

■約6年産休・育休に持論

フィフィは自身のツイッターに、約6年間の産休・育休を取得しているNHKの青山祐子アナ(45)が、神田うの(42)のパーティーにクリスマスコスプレで登場したという『デイリースポーツ』の記事を貼り付けてコメント。

「6年産休を認めてポストを確保させる余裕、民間には無いね。無給だとしてもここまで長期で社保とか手当とか何らかの保障して、これを働くママの子育て支援と言うなら違う気がする。改めて女性のための制度を考えさせられる」

と、投稿した。

■「母親たちを持ち上げすぎ」

さらに、たくさんの子供を出産することや、子供を職場に連れて行くことなどについて「『だってお母さんは凄い!』って最近は逆に持ち上げ過ぎな気もします。産まないより産めない女性もいるんだし」とコメント。

また、「母親」というだけで就労を保障しなければならないという風潮についても「女性の才能をちゃんと評価してる会社と思えない」と批判した。

子供産むことは素晴らしいもっと産んでゆっくり休んで、職場にも連れてきていいから、だってお母さんは凄い!って最近は逆に持ち上げ過ぎな気もします。産まないより産めない女性もいるんだし。てか、母親ってだけで就労を保障してあげなきゃって風潮、女性の才能をちゃんと評価してる社会と思えない。

— フィフィ (@FIFI_Egypt) December 27, 2017

■「周りがとやかく言うことはない」の声

一連のツイートについて、青山アナへの非難ではなく、あくまで「問題提起」と述べたフィフィ。しかし、これらの投稿を受け、ネット上では批判の声があがっている。

・6年間で4人の子宝に恵まれたという事でしょうか! それはそれは素晴らしい! 属する組織の制度としての産休規定に則っている限りは周りがとやかく言う事はないと思います

・フィフィさん、日本で子育てをされて、いろんな疑問を持たれてると思います。しかし、働く女性が産休育休を否定されるのはやはり違います。問題提起? いやいや。青山アナ4人もお子さんを高齢で出産されてるんですよ? そこはなにも思わないですか?

・なんで制度としてあるものを利用している方を批判するの。これじゃずっと少子化だよ

批判が相次ぐ中、一方で「よく言ってくれた」「いくらなんでも6年は長すぎる」といった意見も。

産休・育休を利用することが制度として許されているとしながらも、約6年という期間であることを理由に、制度の見直しを求める声もあがっている。

■若い女性ほど妊娠報告しづらい?

しらべぇ編集部が全国20〜60代の女性361名に「妊娠の報告」について調査したところ、3人に1人が「報告をしづらいと思った経験アリ」と回答した。

(©ニュースサイトしらべぇ)

働き盛りである2、30代では半数以上の結果に。仕事に穴を空けてしまうとの思いから、中々話を切り出せないという女性も多いのだろう。

「『母親はスゴイ』と持ち上げすぎ」と語るフィフィに「言えないことを言ってくれた」との声も。賛否両論、さまざまな声があがっているが、そういう意味ではたしかに「問題提起」をしたといえるのかもしれない。

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年6月24日〜2016年6月27日
対象:全国20代〜60代の妊娠経験がある女性361名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)