『BG〜身辺警護人〜』木村拓哉の「走り方」をファンら熱弁 反響相次ぐ

木村拓哉主演ドラマ『BG〜身辺警護人〜』の第1話を放送 キムタクの走り方が話題に

記事まとめ

  • 木村拓哉が主演する『BG〜身辺警護人〜』が始まり木村の「動作」が話題となっている
  • 視聴者は木村の「独特な走り方」が気になってしまったようで「年齢の影響では」との声
  • キムタクファンからは「あの走り方が彼らしくて良い」といったツイートが相次いだ

『BG〜身辺警護人〜』木村拓哉の「走り方」をファンら熱弁 反響相次ぐ

『BG〜身辺警護人〜』木村拓哉の「走り方」をファンら熱弁 反響相次ぐ

『BG〜身辺警護人〜』木村拓哉の「走り方」をファンら熱弁 反響相次ぐ

(『BG〜身辺警護人〜』)

木村拓哉が主演を務め、豪華な俳優陣が揃い踏みするとあって放送前から話題を集めていたドラマ『BG〜身辺警護人〜』(テレビ朝日系)が18日からいよいよスタート。

インターネット上では、木村の「ある動作」が大きな話題となっている。

■「丸腰」の民間ボディーガード

日ノ出警備保障で警備員として働いていた、シングルファザーの島崎章(木村)。ある日、社長の今関(永島敏行)から同社が新設する「身辺警護課」への着任を打診される。

章は数年前にも警護の仕事に就いていたのだが、何らかの事情によって警護の仕事からは身を引いていた。章は一連の事情を知る今関からの「新人ボディーガードとしてデビューする」という提案を承諾し、「元〇〇」の訳ありなメンバーが集う身辺警護課に加わることに。

厳しい訓練を経て迎えた最初の任務は、「隅田川マラソン」のメインスポンサー企業の大久保社長(伊武雅刀)のBG(ボディーガード)。スターターを務める厚生労働大臣・立原愛子(石田ゆり子)に脅迫状が送りつけられたためである。

警察の「SP」とは異なり、銃などの殺傷能力のある武器を所持することが許されない「丸腰」の民間ボディーガードとして、章たちは初任務へ赴く。

■章、独断で「自作自演」大臣の警護へ

立原大臣に脅迫状が送りつけられた背景には彼女の「失言」があった。世間からの猛バッシングに晒される最中、立原大臣は長年彼女を取材してきた週刊誌記者・犬飼(勝地涼)にのみ単独インタビューに応じていたのだが…。

隅田川マラソン当日、危険に晒されながらも堂々としたスピーチで称賛を浴びる立原大臣。そんな中、突如客席に煙が立ち込め会場は一気に大混乱に陥る。

出口とは異なる方向へ急ぐ立原大臣と、犬飼の不審な行動に気付いていた章は、単身立原大臣の元へ。

SPの目を盗んで立原大臣が待ち合わせていたのは犬飼。公にされていない脅迫状の内容を知った犬飼は、それが失言騒動を挽回するための「大臣の自作自演」であることに気付いていたのだった。

銃を構えたSPの突入により殺伐とした状況となるも、章の機転で犬飼を取り押さえることに成功。章の立ち振舞に、大臣のSPを務める落合(江口洋介)も彼の存在を意識し始める…。

■「キムタクの走り方」に騒然もファンがフォロー

主演の木村をはじめ、思わずため息が出てしまうような豪華なキャスティングに、インターネット上では「かっこいい」の嵐。

しかしながら、緊張感のあるストーリーに引き込まれていく中、多くの視聴者は木村の「独特な走り方」が気になってしまったようで…。

そういえば、キムタクの走り方、、、

少し独特でした、、、?

ちょっと意外?

いやでも、45歳だもんな!

— オパビニア(やまなか) (@sp4opabinia) January 18, 2018

にわかファン及びそれ以外
「なんか走り方アレじゃね?」

前からのファン
「それ、知ってる」

#BG身辺警護人 #木村拓哉

— のど自慢の鐘bot (@kanewonarasukis) January 18, 2018

拓哉の走る姿が話題になってるんだwww
スマヲタ的には「いつもの拓哉の走り方」なんだけどね
いいんです、あれが「木村拓哉の走り方」なんだよ(*´ω`*)#BG身辺警護人 #木村拓哉

— すま*あんこ (@sma_anko0707) January 18, 2018

そうなのよ昔から木村拓哉は走り方意外とダサいのファンは存じておりますファンなのでそのダサさも愛しかったりするのですが世間は突っ込みたくなるわよね知ってますでも好き。ダサい木村拓哉おちゃめでおもろい木村拓哉を是非見つけていただきたい。#BG#身辺警護人#BG身辺警護人 #木村拓哉

— julia★reboot (@julia69xxxx) January 18, 2018

一部の視聴者から「年齢の影響では?」との声もあがる中、長年木村を応援してきたファンなどから「あの走り方が彼らしくて良いんだ」といったツイートが相次いで投稿された。

これらのツイートは瞬く間に拡散され、「好感度上がった」という視聴者も。役柄上、今後も頻繁に出てくるであろう「走るシーン」の楽しみ方に繋がったようだ。

■女性の約半数が「運動音痴」を痛感

しらべぇ編集部が全国の20〜60代の男女1,358名を対象に「運動音痴だと思う」人の割合を調査したところ、男性はおよそ3人に1人、女性に至ってはおよそ半数の人が「運動音痴」を痛感しているという結果に。

(©ニュースサイトしらべぇ)

基準は人それぞれではあるものの、運動にネガティブな意識を持っている人は決して少なくないよう。もっとも、木村は走り方がぎこちないだけで「運動音痴」では決してないのだろうが。

国民的スターである「キムタク」の意外な一面に注目が集まった第1話。訳あり気な身辺警護課メンバーの伏線がどうなっていくのかも、今後の要注目ポイントだ。

《これまでに配信した『BG〜身辺警護人〜』記事一覧はこちら》

(文/しらべぇドラマ班・もやこ イラスト/みかごろう)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年6月24日〜2016年6月27日
対象:全国20代〜60代の男女1,358名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)