『すしざんまい』社長パッケージはズルい…コラボスナック菓子が発売

『すしざんまい』社長パッケージはズルい…コラボスナック菓子が発売

『すしざんまい』社長パッケージはズルい…コラボスナック菓子が発売

(©ニュースサイトしらべぇ)

毎年1月に築地市場で行なわれるマグロの初競りや、両手を広げた社長のインパクトある写真でお馴染みとなった、全国に50店舗以上展開する寿司チェーン店「すしざんまい」を運営する喜代村が初めてスナック菓子を監修する。

『すしざんまいコーンスナック うに海苔味』(ジャパンフリトレー・税別125円)は2月からコンビニで先行販売されているため、店頭で見かけて、社長のパッケージにびっくりした人も多いだろう。

さらに、喜代村が運営するステーキ店「肉ざんまい」ともコラボし、『肉ざんまいコーンチップス』(税別125円)も登場。どちらも3月5日から全国で発売される。

■ウニと海苔の風味

『すしざんまいコーンスナック うに海苔味』は、ウニの軍艦巻きの味わいをイメージしたコーンスナックで、ウニのまろやかな甘みと旨みに、焼き海苔の香ばしさを加えて表現。

(©ニュースサイトしらべぇ)

袋を開けて皿に載せてみると、磯とウニのいい香りがする。

(©ニュースサイトしらべぇ)

食べてみるとサクサクした軽い食感で、海苔の香ばしさを濃く感じた後から、ウニのこってりとしたクリーミーな甘さと適度な塩味が味わえてとても美味しい。

ウニ好きにはたまらなく、すしざんまいの味のこだわりが見える。本物のウニの軍艦巻きも食べたくなってしまった。

■肉ざんまいコラボはステーキの味

『肉ざんまいコーンチップス』は、ジューシーなステーキの味をパリッとした食感のコーンチップスで再現することに挑戦。

(©ニュースサイトしらべぇ)

袋を開けてみると、トルティーヤチップスの形で、ステーキソースとガーリックの香りに食欲をそそられる。

(©ニュースサイトしらべぇ)

食べてみると、パリっと噛みごたえのある少しハードな食感で、コーンチップスの香ばしさが。肉汁のようにジューシーで濃いビーフの味わいはパンチがあり、かなりしっかりとした甘辛い味付けが美味しく、食べ応え充分だ。

どちらも濃厚な味が特徴的で、おやつだけでなくお酒との相性もよさそう。ビール、日本酒、ワインなど、好きなアルコールと合わせても楽しめそうだ。

(文/しらべぇ編集部・sayoo)

関連記事(外部サイト)