自分へのご褒美 「自分を甘やかす余裕ないと頑張りが効かない」の声

自分へのご褒美 「自分を甘やかす余裕ないと頑張りが効かない」の声

自分へのご褒美 「自分を甘やかす余裕ないと頑張りが効かない」の声

(miya227/iStock/Thinkstock)

がんばった後などに「自分へのご褒美」として、ちょっと贅沢なものを食べたり、ほしかったものを買ったり…。そんな「自分へのご褒美」の頻度は、どれくらいあるのだろうか?

しらべぇ編集部では、全国の20〜60代の男女1,353名を対象に「自分へのご褒美をどれくらいする」のか、意識調査を実施した。

■女子はやっぱり

全体では「よくする」6.1%、「まあまあする」16.1%、「たまにする」30.3%で「自分にご褒美しがち」な人は半数強の52.5%。

一方、「あまりしない」27.4%と「ほとんどしない」20.1%で、「それほど」派は47.5%で、する派・しない派がほぼ半々。

男女別では
(©ニュースサイトしらべぇ)

「よくする」「まあまあする」「たまにする」と回答した「自分にご褒美しがち」の割合は、男性が46.4%に対し、女性は58.6%と女性が14ポイント以上高め。

「自分へのご褒美」は女性が多い印象だが、イメージ通りのようだ。さらに「自分にご褒美しがち」の割合を性別・年代別データを見てみると、

(©ニュースサイトしらべぇ)

20代女子が最も高く、ほぼ7割の69.2%で“やっぱり”な感じ。しかし、男性でも20代は半数を超えており、全体に若い世代のほうが「自分へのご褒美」をする頻度が高いもよう。

■物欲に弱い人の言い訳?

実際に「よく自分へのご褒美をする」という人に、話を聞いた。

「高いものを買ったりするわけじゃないけど、『これは自分へのご褒美だな』って意識することは多いです。給料が安いから普段は節約しているけど、どうしてもほしいものを買う時なんかに、気持ちの踏ん切りをつけるために…。

友達からは、『単に物欲に弱いだけで、その言い訳じゃん』と笑われるんですけど、でもまぁ、言い訳なしには買う決心がつかないから、必要悪って感じですかね(笑)」(20代・男性)

「日々がんばって働いているので、自分にご褒美しますよ。『今日はいっぱい残業したから、帰りのコンビニでちょっといいアイス買おう』とか、『今月は忙しかったから、マッサージ行っちゃおう』とか、そういうことが多いですね。

たまに周りが『がんばってるね』と、褒めてくれることもありますけど、年齢と共にそういうことも減ってくるわけで。(苦笑)自分で自分のモチベーションをコントロールするのも、大人の嗜み。

自分で自分を甘やかす余裕がないと、がんばりが効かないですから、自分へのご褒美は大事です」(30代・女性)

物欲への言い訳にも、自分自身のモチベーションアップにも使える「自分へのご褒美」。たまには自分を甘やかすのも、いいことなのかも。

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年12月15日〜2017年12月18日
対象:全国20代〜60代の男女1353名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)