3×3だけじゃない! 最新ルービックキューブは「人型」もバラバラに

3×3だけじゃない! 最新ルービックキューブは「人型」もバラバラに

3×3だけじゃない! 最新ルービックキューブは「人型」もバラバラに

立方体6面にある3×3の色を揃えるパズル、ルービックキューブ。一度は触ったことがある人がほとんどなのでは。しかし、それを完成させたことがある人は…決して多くないだろう。

■増えたり減ったり、形が変わったり

みんなが思い浮かべる「ルービックキューブ」といえば、やっぱりこの形のはず。

(©ニュースサイトしらべぇ)

これを少し簡単にしたものが、2×2。

(©ニュースサイトしらべぇ)

キャラクターの模様が入ったものも出ており、子供でも解ける難易度なのかも。

もちろん、そんな簡単なのじゃ物足りない! 人のために、難易度を上げまくったものも用意されている。

(©ニュースサイトしらべぇ)

1つ増やした4×4。そして…

(©ニュースサイトしらべぇ)

5×5! こんなもの、解ける気がしない。

さらには、そもそも「正方形」を超えた商品も。

(©ニュースサイトしらべぇ)

くるくると揃えていき、正方形になったら完成だ。

■ルービックキューブ世界チャンピオンがすごすぎ

ぐちゃぐちゃにしておいてあれだが、これ、戻せる気がしない…こんなのをすごい速さで直せる人が…いた!

(©ニュースサイトしらべぇ)

「ルービックキューブ世界大会2007」で世界チャンピオンに輝いた、中島悠氏。なんかもうすごい速さでルービックキューブを解いてしまうのだ。

両手は当たり前で…

(©ニュースサイトしらべぇ)

さくっと13.245秒。

(©ニュースサイトしらべぇ)

片手でも余裕。待って、片手ってなに。

(©ニュースサイトしらべぇ)

そのタイム、26.165秒。ちょっと意味がわからない。

(©ニュースサイトしらべぇ)

さらには、先ほど記者がよくわからない状態にしてしまったものも…

(©ニュースサイトしらべぇ)

中島氏の手にかかれば、1分かからず元通り。

(©ニュースサイトしらべぇ)

ああ、これが天才…。実際に見てみると、手の動きが尋常じゃないのだ。

そんなルービックキューブだが、「正方形」だけではない。

(©ニュースサイトしらべぇ)

バラバラの状態からピラミッド型に戻すタイプや、

(©ニュースサイトしらべぇ)

犬や音符が作れる、正解がたくさんあるタイプまでたくさんの種類が登場している。

■まさかの「人型」

そして、秋に出る予定の新作がこちら。

(©ニュースサイトしらべぇ)

かわいい人型の置物にしか見えないのだが…。

(©ニュースサイトしらべぇ)

手に取ってみると、怪しい切れ目。まさか…

(©ニュースサイトしらべぇ)

あああああ、回った!!!

これ、人形の形のルービックキューブなのだ。正直、初見はかなりの衝撃が走る。慣れた手つきでバラバラにして、元に戻していくお姉さんが怖い。

(©ニュースサイトしらべぇ)

この図のように、頭はぱかっと分かれ、手足は足はよくわからない方向を向いてしまう。これはぜひ、実物で体験してほしい。

見本品は一色だが、模様が入ったものやキャラクター柄の商品が登場予定だという。おそるおそる確認したが…キャラクターものは「後頭部が割れる」そうなので、ご安心(?)を。

ただ色を揃えるだけでなく、楽しみ方も増えているルービックキューブ。1つ手元に置いておいたら、暇な時間がなくなっちゃうかも。

(取材・文/しらべぇ編集部・たつき あつこ)

関連記事(外部サイト)