結婚したのは「仕事をやめたい」から? 専業主婦を選んだ本当の理由とは

結婚したのは「仕事をやめたい」から? 専業主婦を選んだ本当の理由とは

結婚したのは「仕事をやめたい」から? 専業主婦を選んだ本当の理由とは

(monzenmachi/iStock/Thinkstock)

将来は好きな人と結婚をして幸せな家庭を築くんだ! と夢見ていた女性も多いはず。しかし、結婚の理由は人それぞれ。中には「働きたくないから」という理由で結婚をする人も。

そんな意見に対して女性はどう思っているのか、話を聞いてみることに。

■専業主婦最高!

仕事がストレスになり、家庭に入ることを選んだ女性も多くいるようだ。

「私は働きたくなくて、専業主婦ができるくらい収入のある男性と結婚した。専業主婦のほうが私には合っているから」(30代・女性)

「誰だって働くのはつらいと思う。仕事のストレスだけでなく、人間関係のストレスとかすごいもん。仕事をしたくないから結婚をするのもアリでしょ」(40代・女性)

「人には向き・不向きがある。専業主婦のほうがあっていると感じるのならいいんじゃないかな。私は正社員が向いていなくて、早々に辞めることになった。結婚して子供を産んだら、まさに専業主婦は天職だと思えたよ」(30代・女性)

■将来何があるかわからない

一方で、離婚したときや子供の教育費のために、いつでも働ける準備をしている女性も。

「私も最初は同じことを思っていた。でも、将来何があるかわからないので、結婚したからといって働かなくていいとは限らない。離婚、子供の学費、旦那の収入が減るとか…念のため、自分でも稼げるように資格を取得した」(30代・女性)

「楽しい職場でストレスなく働けるのであれば働いたほうがいい。職場での会話も飲み会も楽しい。専業主婦になると、それがないから退屈だよ」(30代・女性)

■働きたくないのが本音?

しらべぇ編集部は全国の20代〜60代の有職者の男女858名を対象に「仕事」について調査したところ、半数以上の人が「働きたくない」と回答。

特に20代女性は59.8%、30代女性は58.2%と約6割の人が働きたくないと感じているようだ。

(©ニュースサイトしらべぇ)

それに対して、60代女性は24.3%とかなり少なくなっている。実際に家にいると、「思ってた生活と違う…」となるのかもしれない。

人には向き・不向きがあるもの。将来のことも考えつつ、それぞれの家庭が幸せになれる形を見つけられるといいのではないだろうか。

(文/しらべぇ編集部・鎌田 真悠子)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年5月20日〜2016年5月23日
対象:全国20代〜60代有職者の男女858名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)