ティーンが注目するカリスマモデル・横田真悠 「藤田ニコルに似てる説」に本人の反応は…

ティーンが注目するカリスマモデル・横田真悠 「藤田ニコルに似てる説」に本人の反応は…

ティーンが注目するカリスマモデル・横田真悠 「藤田ニコルに似てる説」に本人の反応は…

(©ニュースサイトしらべぇ)

横田真悠、19歳。先月30日に誕生日を迎えた彼女は、『ミスセブンティーン2014』のグランプリに輝き、2014年から『セブンティーン』専属モデルを務める。

さらに、ショートムービーや映画、バラエティ番組など活躍の場を拡げつつある期待の新星だ。しらべぇ編集部を訪れた本人に話を聞いた。

■中2のときに地元でスカウト

東京都出身の横田。デビューのきっかけは最寄りの駅でのスカウトだったという。

横田:小学生の頃に雑誌『nicola』を読んでいたりして、「古畑星夏さんがかわいいな」とかは思っていたんです。でも、「モデルになりたい」と考えたことはなくて。

中学ではソフトボール部に入って、ポジションはセンターでした。ある日、地元で事務所の方に声をかけられて、「夏前くらいに『セブンティーン』のオーディションがあるから受けてみない?」と。

言われて急に興味が出たのですが、親には「生半可な気持ちでやるなよ」と言われましたね。昔から直感で動いてしまうタイプで、その時はこんなにすごい世界だとは思ってもみませんでした。

■『セブンティーン』は第二の学校

(©ニュースサイトしらべぇ)

オーディションでグランプリに輝いた彼女は、『セブンティーン』専属モデルとして活躍することになる。

横田:身長は小学校中学年くらいの頃から高くて、今は168cmあります。モデルをやるようになっても、生活はあまり変わらなかったです。『セブンティーン』はアットホームで、お仕事というより同世代の子たちが集まっている「第二の学校」みたいで。「習い事」みたいな気分で、とにかく楽しかったですね。

NHKの『すんえいさー』にも2016年から出させていただいていますが、いつの間にか私がいちばん年上で、リーダーみたいになってしまって。

子供向け番組なので小さい子たちとイベントでお話しする機会も多くて、とても楽しいです。自分も勉強になっていますし。お子さんと一緒に見てくださっているお父さんも多いみたいで、スタッフさんとかに「出てるよね」って言われることもありますね。

■ショートムービーにも出演

(©ニュースサイトしらべぇ)

モデルだけでなく、仕事の幅が拡がりつつある横田。先日は、主演したG-SHOCKのショートムービー『なんだろう、このドキドキ…』篇も公開された。

横田:初めて出させていただいたショートムービーは、少女漫画『つばさとホタル』を実写化したもので、MEN’S NON-NOモデルの三宅亮輔さん・守屋光治さんと共演しました。CM的な作品は、今回が初めてになります。

演技のお仕事は、楽しい反面、「思っていたより難しい」というのが正直なところです。決して甘く見ていたわけではないんですけど、自分が演じているつもりでも、「想像以上に伝わらないものなんだな」と痛感しています。

現場で撮影されたもの見返すと、喋り方とか声の抑揚とか、自分がイメージしていたものとずいぶん違うんですよね。

ドラマや映画は大好きで、最近だと『花のち晴れ』とか『コンフィデンスマンJP』、『あなたには帰る家がある』とか見ています。以前はエンドロールとか気にしていなかったのに、最近は監督さんとか脚本家さんとかを意識するようになりました。

■映画にも初出演

(©ニュースサイトしらべぇ)

同じく『セブンティーン』で専属モデルを務める永野芽郁とは、仲良し。朝ドラも欠かさず見ているそうだ。

横田:永野芽郁ちゃんが主演しているNHKの朝ドラ『半分、青い。』は、ずっと見ています。ぶっ飛んだ役柄ですけど、すごくよく演じているなあと。

芽郁ちゃんとはプライベートでも仲良しで、よく遊んでいるからこそ、普段の表情と演技との違いを見ることができて勉強になります。私も、モデルとしてのレッスンはそれほどしなかったのですが、演技は今レッスンを受けて勉強中です。

冬に公開される映画『ヌヌ子の聖☆戦』にも出演したのですが、比較的自分に近い「若いモデル」という役で、近いぶん逆に難しさを感じましたね。映画の撮影は初めてで、2日間だったのですが、「慣れる前に終わっちゃった」みたいな。少し心残りもあります。

■「藤田ニコルと似てる説」も

(©ニュースサイトしらべぇ)

1歳年上でモデルやバラエティ番組で活躍する藤田ニコルとは、なぜか「似ている」と言われて時おりニュースになることも。

横田:にこるんさんとは、仲良くなる前からお互いが「似てる」と言われていたみたいで。ショーでご挨拶する機会があって、その後、にこるんさんから「遊ぼー!」って連絡があって、そこから仲良くさせていただいています。

似てるとおっしゃる方は多いのですが、私たち同士では「全然似てないよね、どこが似てるんだろ?」って話しています。

藤田といえばバラエティ番組に引っ張りだこだが、横田もバラエティに進出している。

横田:バラエティ番組も大好きなので、もっと出てみたいです。『有田ジェネレーション』とタカアンドトシさんの『採用!フリップNEWS』に出させていただきましたが、最初は「汗ってこんなにかくんだ」っていうくらい緊張して。

『フリップNEWS』のほうは2回目だったので、少し緊張もほぐれて楽しめましたが、にこるんさんやこじるりさんが普段やってることはすごいんだな、と。

活躍する同世代に、「仲良しなので直接いろいろ聞けるのがありがたい」と語る一方で、「仲良しだけど負けたくない思いもある」と向上心も覗かせた。

横田:自分が負けず嫌いだとは思っていなかったんですけど、撮影の後とかには「もっと頑張れた」って思うこともあります。そんな自分も素直に出して成長していきたいですね。

■サッカー番組にも出ていた彼女のW杯予想は…

(©ニュースサイトしらべぇ)

FC東京の番組に出演していたこともある横田。じつは、「母以外は全員サッカー経験者」という筋金入りのサッカー一家育ちだ。

横田:父は今でもサッカーをやっていて、兄も姉もやっていました。私も一時やっていたのですが、ある時ボールに座っていたら怒られてしまって…。

中学生の頃は高校サッカーが大好きで、小川諒也選手がカッコいいなあと思っていたらFC東京に入団が決まって。その頃からずっと応援していたので、好きなチームの番組ができたのは本当にラッキーでした。

小川選手に直接インタビューはできなかったのですが、他の選手を取材しているときに声をかけていただけて嬉しかったです。今でもカッコよかったですね(笑)。

日本代表が決勝トーナメント進出したこともあり、サッカーW杯が注目を集めているが、サッカー一家の横田家も盛り上がっている。

横田:W杯の試合は、父がずっと見ているので、ついつい遅くまで見ちゃいますね。

私の優勝予想は…クリスチャーノ・ロナウド選手もカッコいいですけどポルトガルは負けてしまったし…ネイマール選手が調子を戻してきた気がするので、ブラジルにしておきます!

「いろいろな世界にまだ触り始めたくらいなので、モデルとしても女優としても皆さんに知っていただいてもっと頑張りたい」と語る横田。『セブンティーン』以外のファッション誌やメンズ誌などにも目を通して研究する、努力家の一面もある。

輝きを増す19歳の今後の活躍に注目だ。

(取材・文/しらべぇ編集部・タカハシマコト 取材協力/横田真悠 )

関連記事(外部サイト)