お金を払わないと女性から相手にされない… 激しい劣等感が背景に

お金を払わないと女性から相手にされない… 激しい劣等感が背景に

お金を払わないと女性から相手にされない… 激しい劣等感が背景に

(?ぱくたそ)

キャバクラや風俗など、男性がお金を払って女性に相手をしてもらうお店がある。気分転換として行く男性もいれば、中には大きな闇を抱えた人も…。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男性741名に「女性との関係について」の調査を実施。

「お金を払わないと、女性からは相手にされないと感じている」と答えた人は全体で21.2%に。決して、少ないとはいえない割合である。

■女性に劣等感を抱く若い男性

性年代別では、20代男性が一番多い割合になっている。

(©ニュースサイトしらべぇ)

若い男性というだけで、アドバンテージがありそうにも思うのだが…。自己評価が低すぎるのが、原因と考えられる。

「自分のような男とは、絶対に話したくないんだろうなと思ってしまう。

仕事関係の付き合いなどで優しく話してくれる女性には、『こんな僕に仕事だからって、ここまで対応してくれて申し訳ない』と心の中で謝っている」(20代・男性)

■お金を払えば劣等感が消える

お金を払っても、上手くいかないことがある。

「キャバクラでは、女の子に気を遣うことも多い。それで落ち込むことさえあるので、お金を払ってなにをしているのかわからない」(30代・男性)

ただお金を払うことにより、当人の気持ちが変わるのは大きい。

「風俗がいいのは、お金を払うことで対等な気持ちになれるところ。『お金を払っているから、言うことを聞け』みたいな横柄な感じでなく、劣等感がお金で拭えるって感じ。

そんな考えだから、女の子に積極的になれず出会いもない。どんどん悪循環になって、さらに自信を失うばかり…」(20代・男性)

■同じように考える女性も

男性だけでなく、女性にも同じような考えを持っている人がいる。

「かわいい女の子なら、パパ活でデートしただけでお金がもらえる。でも私のような冴えない女は、無料でも相手にする男性はいないだろうから…。

お金を使って男性と話すならホストクラブがあるけど、貯金をむしり取られそう。女性向けの風俗も気になっているけど怖い気持ちがあり、まだ手を出せないでいる」(30代・女性)

男女共に、こじらせてしまった人の闇は深い。自己評価を上げることが、解決に繋がりそうなのだが…。

(文/しらべぇ編集部・ニャック)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年5月18日〜2018年5月21日
対象:全国20代〜60代の男性741名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)