サッカー日本代表が帰国 SNSに投稿した「3秒の動画」に称賛の声相次ぐ

サッカー日本代表が動画でタイの洞窟で閉じ込められているサッカー少年らにエール

記事まとめ

  • ロシアW杯で見事ベスト16入りを果たしたサッカー日本代表が、5日午前に帰国した
  • 日本代表は動画でタイの洞窟で閉じ込められているサッカーチームの選手とコーチを応援
  • 3秒の動画に込められた力強いメッセージと日本代表の尊いアクションはネット上で話題

サッカー日本代表が帰国 SNSに投稿した「3秒の動画」に称賛の声相次ぐ

サッカー日本代表が帰国 SNSに投稿した「3秒の動画」に称賛の声相次ぐ

サッカー日本代表が帰国 SNSに投稿した「3秒の動画」に称賛の声相次ぐ

FIFAワールドカップ・ロシア大会において、見事ベスト16入を果たしたサッカー日本代表が、5日午前に帰国した。

そんな中、チームのある行動がインターネット上で注目を集め、多くの人が祈りと声援を送っている。

洞窟に閉じ込められた、サッカー少年たち

タイ北部チェンライ郊外の洞窟にて、サッカーチームに所属する少年たちとコーチの13人が、6月23日に洞窟に入って以降、大雨によって引き返すことが出来なくなり、閉じ込められた状態が続いている。

「CNN.co.jp」によると、現在タイ海軍特殊部隊などが救出活動にあたっているものの、洞窟内の複雑な構造や、雨水などが行く手を阻んで救出は難航。少年たちの元へは食糧が届けられ、医師による診察も行われているという。

救出策としては、少年たちに潜水マスクをかぶせ、ダイバーが付き添いながら潜水して脱出を目指す案も取り上げられており、懸命な救助活動が続けられている。

■サッカー日本代表、洞窟の少年たちにエール

サッカー日本代表の公式ツイッターアカウントは、日本時間の5日午前に3秒ほどの動画を投稿。

タイの洞窟で閉じ込められているサッカーチームの選手とコーチに向けて、FIFAワールドカップに出場している日本代表チームからメッセージを送ります。「負けるな!頑張れ!」"Hang on! Football Family are with you." #ThailandCaveRescue #footballfamily pic.twitter.com/aoqBdRKjf4

— サッカー日本代表 (@jfa_samuraiblue) July 4, 2018

日本代表選手たちをはじめ、スタッフも加わり…

「タイの洞窟で閉じ込められているサッカーチームの選手とコーチに向けて、FIFAワールドカップに出場している日本代表チームからメッセージを送ります。『負けるな、頑張れ!』

と、拳を突き上げ、同じくサッカーを愛する少年とコーチに向けてメッセージを発信。投稿の最後には「#footballfamily(フットボールファミリー)」とのハッシュタグも添えられている。

■尊いアクションに、称賛と祈りの声

3秒の動画に込められた力強いメッセージと、サッカー日本代表の尊いアクションはインターネット上でたちまち話題に。「どうか、この声がタイにも届いてほしい」と、多くの人が拡散している。

・この声が届きますように。日本代表最高!

・いい動画! まだまだ救出には時間かかりそうだけど! 頑張って欲しいですね!

・かっこいいよ日本代表! タイの人子どもたち、コーチが皆無事に家族の元に戻る事祈っています!

・本当に頑張ってほしいです。13人が無事に救助されますようにお祈りしてます

日本代表の行動を賞賛する声と共に、今もなお暗い洞窟で耐え凌いでいる13人全員の一刻も早い救出を祈る声が、相次ぐ。

■海外ユーザーから反響も

このツイートのコメント欄には様々な言語で「ありがとう」というコメントが寄せられている。

・私はタイ人です。サッカー日本代表のサポーターです、本当にありがとうございます

・Thank you so much(本当にありがとうございます)

・Arikato(ありかと)

ローマ字で「ありがとう」とつづられたものや、翻訳機能を使って日本語に訳したコメントを寄せるユーザーも。サッカー日本代表のメッセージは、確かにタイの人々にも届いているようだ。

■「スポーツが好きな人」は7割超

しらべぇ編集部が全国の20〜60代の男女1,376名を対象に「スポーツは見る派はやる派か」調査を実施したところ、やる派・見る派・どちらも好きな人を合わせた「スポーツが好きな人」の割合は71.7%という結果に。

(?ニュースサイトしらべぇ)

「やる派か見る派か」で言えば、「見る派」が45.3%ともっとも高い割合を占めている。洞窟に閉じ込められた少年たちとコーチ13人が、全員無事に救出されることを願うばかりだ。

(文/しらべぇ編集部・もやこ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年8月26日〜2016年8月29日
対象:全国20代〜60代の男女1368名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)