「レンタルお父さん」特集に視聴者騒然 サービスに称賛も「取られるぞ…」

「レンタルお父さん」特集に視聴者騒然 サービスに称賛も「取られるぞ…」

「レンタルお父さん」特集に視聴者騒然 サービスに称賛も「取られるぞ…」

(imtmphoto/iStock/Thinkstock/画像はイメージです)

しらべぇでも、1時間1,000円で「おっさん」をレンタルできるサービスなどを報じてきたが、6日放送の『おはよう日本』(NHK)にて、新たな画期的なレンタルサービスが紹介された。

子育て中の女性たちを支える新サービスに、インターネット上では様々な声があがっている。

■ママたちを救う「お父さんバンク」

同番組で取り上げられたのは、「父親」をレンタルすることができる、「レンタルお父さん」こと「お父さんバンク」。女手一つで2人の子供を育てる女性が考案したサービスで、経営するカフェの常連客らに子育ての悩みを打ち明けたことからヒントを得たという。

女性は、「特技を活かしたい、パワーを持て余している男性」と、「男手を必要としている母親たち」をマッチングさせるべくこのサービスを開始した。

すると、普段ベビーシッターをしているという人や、スポーツ教室のインストラクターなど、様々な特技を持った男性たちが「お父さんバンク」に登録。サイト内の「お父さん図鑑」から好みのお父さんを選択して依頼することでサービスを利用できるようだ。男性ならではのアクティブな遊びを中心に、「お父さん」として子供と触れ合ってくれるという。

■ひとり親じゃなくても…

一見、ひとり親家庭向けのサービスと思われるが、父親がいる家庭でも有効活用されているのだそう。

番組では、仕事が忙しい父親の代わりにと、お父さんバンクを利用している女性に密着。母親と子供、レンタルお父さんの3人で公園で遊ぶ様子は、「実の親子」としか思えないほど違和感がない。レンタルお父さんを利用した女性は「たかいたかい」など、父親らしい遊びをして子供たちと接してくれることに魅力を感じているという。

■画期的なサービスに称賛の声

「ワンオペ育児」という言葉が流行してしまうほど、核家族化した社会で、母親たちが直面している問題はとても深刻。そんな問題に対し、とても画期的なサービスだとして、視聴者から多くの反響が寄せられている。

朝のニュースでレンタルお父さんがあるとやっていた。子供と遊んでくれる優しいお父さんが出てた。興味でた?#レンタルお父さん

— mangmama (@manomama31) July 6, 2018

レンタルお父さんか〜
面白い
昔だったら、家の中に沢山いる他の誰かや、隣近所みな家族的お付き合いの中で何とでもなったことなんだろうな。
ニーズに合う助け合い、代表の方は喜び合いとおっしゃっていたけど、
なるほど、いいねと思った。

— ^−^saya@8/4ロッキン (@smile_saya) July 5, 2018

昔はよそのお父さんも近所のよその子と遊んでたりしてたけど、今はそういうのはあまりないから、その代替手段としてレンタルお父さんはアリなのかもしれないなー #nhk

— ニノ (@ninodqx) July 5, 2018

親族や近所の人など、多くの人の手を借りて子育てしていた頃を懐かしむ人も。

■「リアルお父さん」への危機感も

一方で、「お父さんバンク」に登録する子煩悩で優しい男性が、父親代わりを果たすことについて、様々な懸念の声があがっている。

レンタルお父さん!!!

おい父さんたち、仕事にのめり込んでる場合じゃないよ。レンタルお父さんに、「家の仕事」取られるぞ。

— イラストレーターれもん?(8/18〜21グループ展) (@lemon0104) July 5, 2018

れ、レンタルお父さん…
若い!イケメン!
これは安心できないぞ〜

— 山と釣り、ときどき映像制作 (@genryufishing) July 5, 2018

レンタルお父さんか・・。何か間違いが起きなければいいけど

— みかん (@mikanhaamesho) July 5, 2018

忙しくて父親が家にいない子持ちの母向けにレンタルお父さんなるサービスがあるらしい。いいサービスだと思うが、個人的にはレンタルされてしまうと自分はただのATMになって惨めな気がする…。そうならないよう出来る限り仕事と家庭を両立したいと思う。

— 銀杏好き (@takahiro495) July 5, 2018

6日の放送で紹介された「レンタルお父さん」たちは、ニコニコと優しそうなハンサムな男性ばかり。このことから、「リアルお父さんがピンチなのでは?」といった声が続出している。

男手が必要なひとり親家庭には、画期的な新サービス。気持ちよく利用するためにも、「夫に黙って…」ということは避けたほうがよさそうだ。

(文/しらべぇ編集部・あまぐりけいこ)

関連記事(外部サイト)