倉敷市、個人の救援物資で自衛隊が通れず 「善意の押し売り」「自己満足」と賛否

【西日本豪雨】個人の救援物資で自衛隊通行の妨げに 倉敷市のツイッター投稿が物議

記事まとめ

  • 西日本の豪雨で被害が相次ぎ、救援物資をめぐってトラブルもおきているという
  • 岡山県倉敷市の公式ツイッターによると、個人の救援物資で自衛隊が通れないと投稿した
  • 個人の救援物資を受け付けていないという市の対応に、一部では批判の声があがっている

倉敷市、個人の救援物資で自衛隊が通れず 「善意の押し売り」「自己満足」と賛否

倉敷市、個人の救援物資で自衛隊が通れず 「善意の押し売り」「自己満足」と賛否

倉敷市、個人の救援物資で自衛隊が通れず 「善意の押し売り」「自己満足」と賛否

(画像は倉敷市公式ツイッターのスクリーンショット)

西日本を中心に雨が降り続き、9日現在も被害が相次いでいる。『毎日新聞』によれば9日午前10時の時点で、13府県で93人が死亡、79人の安否が不明になっているとのこと。深刻な状況の中、被災者を支援したいとの思いから救援物資を送る人もいるだろう。

しかし、この救援物資をめぐってトラブルも。いま、岡山県倉敷市の公式ツイッターの投稿が物議を醸している。

■救援物資が自衛隊の通行の妨げに

話題になったのは8日に更新されたツイート。「倉敷市からのお願いです」と救援物資について投稿したものだ。

現在、倉敷市では個人からの救援物資は受け付けていないが、真備町川辺橋前にたくさんの救援物資が置かれている状況とのこと。一見、喜ばしいことにも思えるが、これによって自衛隊の通行の妨げになってしまっているという。

そのため、倉敷市は「お気持ちは大変ありがたいのですが、支援物資を川辺橋前に置かないようお願いします」と訴えた。

倉敷市からのお願いです。現在、倉敷市では個人の方からの救援物資を受け付けていませんが、真備町川辺橋前に沢山の支援物資が置かれており、自衛隊の通行の妨げになり困っています。お気持ちは大変ありがたいのですが、支援物資を川辺橋前に置かないようお願いします。

— 倉敷市 (@Kurashiki_City) July 8, 2018

■「困っている人を見殺しにしろと?」

投稿を受け、ツイートには「人の気持ちわからないのか?」「支援物資を置ける場所がほしい」との声が寄せられた。「被災者を助けたい」と思っている人にとっては、「物資を届けないでほしい」ともとれる倉敷市からのメッセージには疑問の声もあるのかもしれない。

・市役所さんよ! デスクに座って困難する前に全員で対応してよ。妨げになるとか言葉としておかしいだろ。人として何かできないかと置かざるを得ななかった人の気持ちわからないのか? こんな事書く前にはそこに人員配置して被災した人に渡すなり、避難場所に届けるなどやりようはたくさんある。考えろ!

・どこか支援物資を置ける場所を設置してはいかがなのでしょうか。やはり私自身もですし他の方も支援物資を届けたいという気持ちがあります。ご検討お願いします

・住民が支援物資を欲しがっているが、倉敷市は支援物資を受け付けていない。どうすりゃいいのだ? 困っている人を見殺しにしろと?

・いや受け付けましょうよ。こういうときに融通効かせられないとダメだよ。人命がかかってるんだから! 役所仕事で税金もらいやがって

■「善意の押し売り」との声も

個人の救援物資を受け付けていないという市の対応について、一部では批判の声があがっている。しかし、こういった批判について「善意の押し付け」「対応できないほど現場は大変」と同情の声も。

さっきの倉敷のはなし、ほんとによかれと思ってのことなんだろうけど… 地獄への道は善意でできている

— ボン? (@bonnenuts) July 9, 2018

倉敷市から「救援物資を橋のたもとに置くな」という呼びかけに「人々の善意を否定するな」って怒る人々、無知で愚かでしかない。あれほど災害のたびに、個人からの物資が物流の妨げになるし、保管場所の確保や仕分けの人員を割かれてしまうというアナウンスがあっても、その情報が届いてないんだから。

— のび (@nobitter73) July 8, 2018

倉敷市が支援物資の受入れを断ったことに「じゃあどこに送ればいいんだ!」と怒る人。千羽鶴が望まれていないことに「送る人の善意をなんだと思ってる」と嘆く人。

望まれてない善意の押し付けこそありがた迷惑な話は無いし、自分が何かしてあげたいというエゴと自己満足しか感じられない。

— さとる@雑談垢(移行中) (@iiizzzwww22) July 8, 2018

被災者を応援するつもりで大量の千羽鶴を送ったが、処理が大変だったという話を耳にする。「助けになりたい」という思いからの行動が、むしろ苦しみに変わった例として挙げられることも。

被災者を支援したいという思いがあるからこそ、倉敷市をはじめ各自治体の公式ツイッターやメッセージを確認し、適切な方法で支援するようにしたい。

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ)

関連記事(外部サイト)