格闘技20年戦士でも痴漢を注意するのは命がけ? 投稿に「考えさせられる」

格闘技20年戦士でも痴漢を注意するのは命がけ? 投稿に「考えさせられる」

格闘技20年戦士でも痴漢を注意するのは命がけ? 投稿に「考えさせられる」

(chat9780/iStock/Thinkstock)

社会活動家の仁藤夢乃氏が、電車内で幼女の体を執拗に触る男を目撃、その様子をFacebookに投稿し、ネット上で大きな注目を集めている。

■電車内で6歳女子が体を触りたくられる

騒動を知らない人のために概要を簡単に説明すると…

・仁藤氏が山手線に乗っていたところ、近くに座っていた男が6歳の少女に声をかけ、自分の隣に座らせると顔や体を執拗に触り始めた

・近くにいた三人組のサラリーマンに「あの人痴漢です。捕まえてもらえませんか」と声をかけたものの、「これから仕事があるんで」と真顔で断られた

・新宿駅で男が逃げ出しても、男を追いかけてくれたのは男性2人と、女性1人だけだった

という感じ。

■「男性に助けてほしかった」に疑問の声も

この投稿内で仁藤氏は「男の人たちに、ちゃんと助けて欲しかった」と記述すると、ツイッター上では「なぜ男性に限定する?」「実際に追いかけたのは男性2人、女性1人と書いてあるのに、いきなり男性批判か」などの反論が相次いだ。

男性のジェンダー的役割などについてここで論じるつもりはなく、また仁藤氏の主張を否定するわけでもないが、そもそも痴漢に立ち向かうという行為は、男性にとってもかなり危険らしい。

そんなことを感じさせる、「はてな匿名ダイアリー」の投稿に注目が集まっている。

■痴漢は格闘技経験者でも怖い

20年近く格闘技の経験があるという投稿者(男性)は被害を受ける女性に対し、「出来るなら男性はどんどん助けてあげて欲しい」と考える一方で、「助けられなかった男性がいた場合、一概に責めないで欲しい」「男性だって怖いものは怖いのです。そこだけは分かってあげて」という持論を展開。

男性であっても、男性に対して対峙し、注意するのは緊張や恐怖感を伴うからであり、「どんなに鍛えてたって、腕っぷしに自信があったってナイフ一本で死ぬ」と語る。

実際、正義感ゆえに危険な目に遭うこともあり、電車で痴漢を取り押さえた際、顔面を3発殴られたり、カッターナイフを突きつけられたこともあったという。

また、親しい格闘技の先輩は、飲みの席で女性に絡んだ男性に注意した際、後ろから椅子で殴られて、片目が飛び出す寸前の大けがを負ったそう。

■考えさせられる人続出

この投稿に対し、他のネットユーザーからはさまざまな声が寄せられることに。

・後半がめちゃくちゃ怖い

・男性としても女性としても人間としても強くあれというメッセージは強くあれというメッセージでそれは応援にも呪いにもなりうるみたいなところでこんがらがってきた

・増田に迫力があるので、反撃する方も必死ということかも。悪いことをしているなら、おとなしく捕まってほしいものだが…

・強い人でもこうなるんだから、何もしてない人間が立ち向かうのって勇気じゃなく無謀なだけって感じに思えてくる

多くの人が乗り合う電車の中で性的いたずらを行なうというのは、明らかにまともな精神では行えない。そんな人に対し、立ち向かうのは、たしかに成人した男性と言えども非常に勇気がいることだろう。

■男性の1割が痴漢経験アリ

(©ニュースサイトしらべぇ)

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男性671名に「電車内での痴漢経験」について調査したところ、約1割が「意図的に痴漢したことがある」と回答。該当者全員が何度も痴漢しているわけではないだろうが、痴漢事件が後を絶たないのがわかる数値だ。

痴漢を目撃したときどうやって対処するべきか。非常に難しい問題だが、男性も女性もお互いを否定しあい、新たな対立を生まないためにも、日頃から冷静になって対話していくことが大事ではないだろうか。

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年6月2日〜2017年6月5日
対象:全国20〜60代の男性671名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)