経験人数自慢は過去のもの? 性的に乱れている人は絶賛減少中

経験人数自慢は過去のもの? 性的に乱れている人は絶賛減少中

経験人数自慢は過去のもの? 性的に乱れている人は絶賛減少中

(Rawpixel/iStock/Getty Images Plus)

性経験のない若い世代が、近年増えているそうだ。経験人数を自慢げに語る時代は、もう終わったのかもしれない。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,357名に「性生活について」の調査を実施。

「私は性的に乱れていると思う」と答えた人は、全体で9.1%とわずか。不特定多数と関係を持つような人は、ごく少数なのだ。

■若者の間では性の二極化か

「恋愛離れ」と頻繁に言われる20代では、男女共に1割を切っている。

(©ニュースサイトしらべぇ)

恋愛から離れていれば、エッチをしなくなるのは自然なことだ。

「恋愛と同じように、エッチも相手に気を遣うから面倒に思えてくる。会社にはめちゃくちゃ遊んでいる先輩もいるけど、いかにもコミュニケーション能力が高いタイプ。

女の子を巧みに誘うには、陽キャでないと難しいだろうし。若い世代でもものすごくしている人と、僕みたいに全くしていないタイプに二極化していると感じる」(20代・男性)

■自分がエッチだと思っている人でさえ…

自分のことをエッチだと思っている人でさえ、性的に乱れている人は2割を切っている。

(©ニュースサイトしらべぇ)

自分がエッチなのと性的に乱れるのは、別の話のようだ。

「僕はエッチな動画を観たり、友達とそんなことを話したりするのは大好き。でも実際にエッチするのは彼女だけだし、行為もいたってノーマルだと思う。

友達にも、会話はエロいのに今まで彼女さえいたことがないのもいるし…」(20代・男性)

■積極的になれない男性

乱れたくても、相手がいないとの声も。

「僕は別にしたくないとは思っていないのに、女性に全く縁がない。乱れるまではいかなくても、せめて一人の女性でいいから相手が欲しい…」(20代・男性)

そんな人に対して、自分から行かないと相手は見つからないとの意見もある。

「待っているだけで、女の子からモテモテになるわけない。登場する女の子の全員が自分を好きになるなんてアニメの中だけの世界なんだから、自分で行くしかないのに。

世の中のモテる人は、よほどのイケメンでない限りは自分で努力していると思う」(30代・男性)

積極的になるほど、性に興味を持たない人が多いのかも。

(文/しらべぇ編集部・ニャック)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年7月13日〜2018年7月17日
対象:全国20代〜60代の男女1,357名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)