「死ぬとは思わなかった」 同僚の肛門から空気を送って死なせた男の言い訳に怒りの声

同僚の肛門に空気を送り死なす 「悪ふざけでやった」との供述に怒りや呆れの声が殺到

記事まとめ

  • 茨城県で会社員の男が同僚の肛門にエアコンプレッサーで空気を入れ死なせる事件が発生
  • 男は「悪ふざけでやった、死ぬとは思わなかった」などと供述しているという
  • ネット上では「ありえない」「思考がおかしすぎる」など怒りや呆れの声が広がっている

「死ぬとは思わなかった」 同僚の肛門から空気を送って死なせた男の言い訳に怒りの声

「死ぬとは思わなかった」 同僚の肛門から空気を送って死なせた男の言い訳に怒りの声

「死ぬとは思わなかった」 同僚の肛門から空気を送って死なせた男の言い訳に怒りの声

(?Top Photo Corporation/istock/Thinkstock)

茨城県龍ヶ崎市で、会社員の男が同僚の体内にエアコンプレッサーで空気を入れ、死なせる事件が発生。その呆れた行動に怒りの声が広がっている。

■肛門から空気を注入

事件を起こしたのは茨城県龍ヶ崎市内の会社に勤務する34歳の男。一緒に作業をしていた同僚の46歳男性に対し、工場内に置いてあったエアコンプレッサーを用い、肛門から空気を注入した。

男性は体調不良を訴え、様子を見た別の社員が119番通報。病院に搬送されたが肺に傷害を負い、残念ながらそのまま帰らぬ人となった。その後、加害者の男が傷害致死容疑で逮捕される。

犯行の理由について男は、「悪ふざけでやった、死ぬとは思わなかった」などと供述しているという。いい歳をした男性の「いたずら心」が、1人の尊い命を奪ってしまった。

なお一部報道によると当時複数の同僚がいた模様。暴挙を止める人間はいなかったのだろうか。

■2017年12月にも同様の事件

エアコンプレッサーによる事件は2017年12月にも発生。この容疑者も「悪ふざけだった。死ぬとは思わなかった」と今回の事件と同様の供述を行っている。

どうやら建設業などエアコンプレッサーが置いてある会社では、「人間に空気を入れる」行為が横行している様子。入れる側にとっては「遊び」のつもりなのだろうが、入れられる側としては苦痛だ。

そのようなことから、両事件とも「いじめのような形で空気を入れたれたのではないか」との指摘がある。ただし、龍ヶ崎市の事件については、事件の背景などについては現在のところわかっていない。

■容疑者に怒りの声

またも発生したエアコンプレッサーによる人体への空気入れ事件。異常と言わざるを得ない行動に、ネット民からは「ありえない」「思考がおかしすぎる」など、怒りや呆れの声が広がっている。

何故エアコンプレッサーを人のアナルにぶっ刺して空気を入れるのか訳がわからない

— しまじー (@simazi_021) July 14, 2018

昨年12月と今年7月、立て続けに同じ事故が起きている。メーカーは注意喚起はもちろんマニュアルには「【警告】決して肛門から体内への空気注入に使用しないでください。」と記載するべき。マジで。。。

— じゃこのめ (@JACOnome) July 14, 2018

ニュースで、同僚の肛門にコンプレッサーで空気入れて死なせてしまったってあるけど??
どんな思考しとるんやw
悪ふざけですまんやろ???
そういう人とは付き合ったらあかんな??

— ?煉獄のバナナ? (@Purgatory_Flame) July 14, 2018

実は多いんです、この手の事故。何年か前にもありました。今回と同じく作業現場のコンプレッサーを使ったいたずらの結果でした。「肛門から空気を注入すると死に至る」ということを知らない人、結構多いんですよ。 https://t.co/XNpk6tGsa8

— 中山聖 (@satoshi_j) July 14, 2018

何で人は定期的に肛門から空気注入しようとしてしまうんだろな…。。
1人目は人類初の弩級のバカでまだ同情できるけど、2人目以降はものを知らない上にオリジナリティのないバカでしかなく、犠牲になった方の浮かばれなさが凄い

— あいら (@zoocicaAA) July 14, 2018

46にもなるおっさんに肛門にぶっさして空気入れて悪ふざけってか
死んで詫びろ

— キャドル (@Cadleen) July 14, 2018

同僚の肛門からエアーコンプレッサーで空気を体内に注入して死なせたって、凄いニュース?
入れられる方も悪ふざけの気持ちがあったのか?

昔、肛門から出るあのガスが燃えるか実験して、あそこが火傷したとの話があったけれど、どちらも大人のやることにしては???

— 萌 (@h_tenkuh) July 14, 2018

職場いじめ経験者は3割

事件の発端が「職場いじめ」であるかどうかは不明だが、「他人の肛門から空気を入れ、苦しむ姿を見て楽しむ」行為はいじめと何らが変わりがない。異常行動と言わざるを得ないだろう。

職場いじめを受けたことがある人は一定数存在しており、しらべぇ編集部が全国の20〜60代の会社員経験者の男女899名を対象にした調査では、各世代で3割が経験を持っていることがわかっている。

(©ニュースサイトしらべぇ)

被害者がどのような感情を持つか考えることができれば、エアコンプレッサーで肛門から空気を入れようとは思わないはず。34歳男性の行動は、非常に幼稚と言わざるを得ないだろう。

そのような子供じみた発想の犠牲になった46歳の男性が、不憫でならない。

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年3月24日〜2017年3月26日
対象:全国20代〜60代の会社員経験者899名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)