ドラマ『ケンカツ』OP曲『Sunny』を歌う安田レイ 「この夏の思い出となる一曲に」

ドラマ『ケンカツ』OP曲『Sunny』を歌う安田レイ 「この夏の思い出となる一曲に」

ドラマ『ケンカツ』OP曲『Sunny』を歌う安田レイ 「この夏の思い出となる一曲に」

(©ニュースサイトしらべぇ)

吉岡里帆が主演して話題を呼んでいるドラマ「ケンカツ」こと、『健康で文化的な最低限度の生活』(関西テレビ・フジテレビ系)。

生活保護を描く社会派なテーマながら、吉岡や井浦新、川栄李奈らのほのぼのした演技が楽しめるが、その主題歌『Sunny』を歌っているのが、歌手の安田レイ(25)だ。

■吉岡、井浦の演技に感動

ケンカツの放送は、毎週楽しみに見ていると語る安田。

安田:柏木ハルコ先生の原作も読んでいたので、それが映像になっているのを見て感動しています。じつは私も同じく25歳なのですが、主役の吉岡里帆さんが主人公・義経えみるちゃんの役にぴったりの役だな、と思って。

えみるちゃんは不器用な部分や自信が足りないところもいっぱいあるんですけど、それでも頑張ってる姿を、吉岡さんが素晴らしく演じていて、想像通り、いや想像以上に役にぴったりと感じました。

井浦新さんが演じるケースワーカーの半田さんも好きです。井浦さんの声がすごく柔らかく、全体をやさしく包んでくれるな、という印象で毎週楽しみに拝見しています。

そんな井浦とは、最近偶然に出会う機会もあったという。

安田:井浦さんとは、先日初めてお会いしたのですが、「半田さんが目の前にいる!」みたいな感じで、すごく興奮しました。「撮影現場にも遊びに来てください」って言ってくださって。

今年の夏はとくに暑い中、今回のドラマは屋外ロケが多い作品なので、みなさん本当にお疲れだろうな、と思っていて、いつか直接お会いできたらいいな、と思っています。

■以前の主題歌ドラマには出演も

(©ニュースサイトしらべぇ)

CMや映画とのタイアップ曲も多い安田だが、ドラマタイアップは、2015年に香里奈が主演したドラマ『結婚式の前日に』(TBS系)の『あしたいろ』以来。なお、その際には、安田自身も最終話にカメオ出演を果たしている。

安田:先日、井浦さんにも「ぜひエキストラが足りないときがあったら声かけてください」ってお話ししたら、「ぜひぜひ!」と言ってくださっていました(笑)。

前回は結婚式場で働いている役で、セリフまでいただいたので、今回はもし出させていただけるとしても、後ろ姿とか「通行人A」みたいな役のほうがいいかな。

曲の中で何かを演じることはできるんですけど、それを声色や表情で表現するのはとても難しかったです。「女優さんってすごいな」と思いましたね。自分はたぶん向いてないかな(笑)。

■原作を読んで歌詞を書き下ろし

(©ニュースサイトしらべぇ)

今回のオープニング曲『Sunny』は、ドラマのために書き下ろされたもの。安田自身が原作の漫画を読んで、主人公・義経えみるに重なる気持ちをつむいだ。

安田:原作を読んでいく中で、えみるちゃんに共感した部分をいろいろ載せています。不器用なところや誰かと比べてしまって凹んでしまうところ、でも誰かの力になりたいと一生懸命に毎日生活している姿など。

自分自身も、ステージに立っていると「度胸あるね」「ハートが強いね」って言ってくださる方もいます。でも、実際のところはとても小心者で、結構ビビリというかシャイな部分もあるんです。

それでもステージに立ってみなさんに歌を届けたいと思いますし、自分の全力を尽くしたいと思って歌っているので、そんな気持ちを重ね合わせて作詞しました。

■悩みや弱さも作品の魅力に

「Sunny」というタイトルは、主人公のキャラクターにも重なる。

安田:生活保護というテーマなので、実際にシリアスなシーンもありますが、その中でえみるちゃんという「太陽のような存在」が、明るい希望になっている作品だな、と感じました。

そんなふうに私も誰かの太陽になれていたらいいな、と考えて、『Sunny』というタイトルに思いを込めています。

安田レイとして歌っているときは「違った自分」になれているとも思うのですが、プライベートな部分では悩みや凹むこともあります。でも、そういう弱さも歌詞として作品に落とし込むことができたかもしれません。

■母が好きな宇多田ヒカルがきっかけ

(©ニュースサイトしらべぇ)

音楽の楽しさに目覚めたのは6、7歳の頃。母との経験がその根底にある、と教えてくれた。

安田:両親とも音楽が好きで、いつも爆音で音楽がかかっているような環境だったんです。母が宇多田ヒカルさんのファンで、小学校1年生くらいに母が聴かせてくれた『First Love』が、人生を変えてくれた1曲になりました。

それまで、ただ音楽が好きだったのが、「私もシンガーになりたいんだ」って気づいて。そこから「歌う人になりたい」という目標は、1ミリもブレずにやってくることができました。

最初は宇多田さんだったのですが、その後、竹内まりやさんとかLOVE PSYCHEDELICOさんとか、母が好きで聴いていたアーティストの方が私の根っこの部分になっていると思います。

当時はアメリカンスクールに通っていて、まわりに音楽好きの友達も多かったので、小学校3年生くらいのときに一番ハマっていたのは、アッシャーとか、アリシア・キーズとか。R&Bやブラックミュージックの要素がある楽曲に触れて育ちました。

■小学生のとき『元気ロケッツ』に

音楽好きだった少女は、2013年にソロデビューするまで、元気ロケッツのボーカルを務めることになる。

安田:オーディションを受けたのですが、歌ではなくミュージックビデオ出演のオーディションだったんです。小学校の帰りだったのでランドセルを背負って行ったら、まわりは170cm以上あるお姉さんとか、金髪のきれいな女性ばかりで、「すごいところに来ちゃったな…」って弱気でした。

でも少ししたら連絡があって、「歌も参加してみませんか?」って誘われて。

安田の活躍を、その音楽的なルーツにもなった母はどう見ているのだろうか。

安田:母はミュージシャンではなかったのですが、若い頃にレコード店で働いていたみたいで、今でも音楽が大好きなので、私の活動を喜んでくれてるのかな…。でも、厳しい人なので、ライブを見た後、「あの曲のあの部分はピッチが…」って言われたりします(笑)。

■この夏の記憶となる曲に

ドラマの放送が始まり、SNSなどで安田本人にもファンからの声が届き始めている。

安田:ドラマの第一話がオンエアされたときは、いちばんドキドキしましたね。いつも応援してくださるファンの方からは、「レイちゃんぽい曲だね」「夏っぽくて気持ちいい」って、コメントいただきました。

すごく嬉しかったのは、今まで私を知らなかった方がドラマから知って、「いい曲だね」「ファンになりました」など、コメントしてくれたことです。『Sunny』は、14日に配信がスタートして、22日にCDがリリースされます。先日、新宿で初披露しましたが、早くライブでも聴いていただきたいですね。

音楽って、記憶と深く結びつくものだと思います。いつか、今年の猛暑を振り返るときに、『Sunny』という曲を思い出してもらえたら嬉しいです。

(取材・文/しらべぇ編集部・タカハシマコト 取材協力/安田レイ)

関連記事(外部サイト)