西川史子、東京医科大学の女性一律減点は「当たり前」と発言し物議 賛同の声も

西川史子、東京医科大学の女性一律減点は「当たり前」と発言し物議 賛同の声も

西川史子、東京医科大学の女性一律減点は「当たり前」と発言し物議 賛同の声も

(©ニュースサイトしらべぇ)

5日放送の『サンデージャポン』(TBS系)で、東京医科大学が女性受験者の点数を一律に減点していた問題について、西川史子が独自の見解を展開。

その内容が物議を醸している。

■一律減点は「当たり前」

池田エライザや壇蜜が東京医科大学の対応を批判するなか、話を振られた西川史子は、「当たり前ですこれは。(医科大に限らず)全部がそうですよ」と発言。スタジオを驚かせる。

続けて西川は、

「上から採っていったら女性ばかりになってしまうんですよ。女の子のほうが優秀なんで。だから眼科医と皮膚科医だらけにになってしまうんですよ世の中が。重たい人の股関節脱臼を背負えるかといったら女性は無理なんですよ」

と指摘し、さらに、

「外科医は少ない。やっぱり外科医になってくれるような男手が必要なんですよ。お腹が大きくては手術はできないんです。だからやっぱり女性と男性の比率は考えておかなければいけないんです」

と語った。科によって「少ない、多い」があり、男女で採用比率を考えなければならないため、女性受験生の一律減点は「ある程度仕方ないのではないか」と持論を展開した。

■男性のデーブ・スペクターが反論

これに反論したのが、男性のデーブ・スペクター。

「これは悪いけど、6万円の受験料も取っていて、不正ではなくて詐欺です。そのために勉強しているわけですよ。そういう(労働)問題は、すぐ辞めていくとか、妊娠したら休むとか、日本だけじゃなくて欧米でも起きている問題で、医療現場の働き方改革が必要。

男性だって100時間働かされて、寝不足で判断力が鈍って男性も問題になっている」

と指摘する。西川はこれにも「男性と女性でできることは違うから、それは比率として…」と反論するが、デーブは「でも受験段階で(減点)は良くないですよ」とバッサリ。

なお細野弁護士によると、東京医科大学の措置は提訴があれば「人権侵害になる可能性が高い」とのこと。テリー伊藤が「事前に言っておけば大丈夫?」という質問には「それなら不公平ではない」とコメント。

西川史子も、「事前に比率をアナウンスする」という提案には賛同。東京医科大の対応がすべて正しいとは考えていないようだ。

■西川に賛同するネット民も

西川史子の「一律減点は当たり前」「男性と女性ではできることは限られている」「比率を考えて採用するべき」という持論に、一部ネット民からは賛同の声が。

#サンデージャポン #東京医科大 #女子減点 女子減点有りという #西川史子 さんの意見は正しい。分野において男女できることできないことがある。私大なんて、その個人の素性や寄付金額により合否に差が出るのは、理不尽だとは思うが学校運営の方針としてある。嫌じゃ国立を目指すしかない #TBS

— サイ (@saiandsai) August 5, 2018

サンジャポ見てるけど、西川史子の言ってることがもっともだなって思う。男女平等とはいえ力仕事やら考えたら、男女それぞれの役割があるのかな〜なんて。得点操作があるならば事前に周知されないといけないし(その時点で大炎上必至)、同性間でも体格によって差別されないとおかしいよな

— Only Human (@YuheiKobayashi) August 5, 2018

#西川史子 #サンデージャポン
勉強が出来ることと、良い医師になることは、イコールではありません。これ以上、女性医師が増えると診療科として成り立たない診療科が出て来ます。ある程度の性別による入学制限は必要と思います。西川先生、よくぞ言ってくれました。

— アゲイ ドビオ (@golfoyaji61510) August 5, 2018

さすが西川史子先生。
男社会・整形外科出身だけあるわ。。そうなんだよね??

性差で職域を棲み分けるのってそんなに責められることなのかな?

#サンジャポ #東京医大

— ( ・?・ )天使屋ありす5w4 (@figue225) August 5, 2018

男女平等?平等?って最近うるさいけどそりゃ綺麗な言葉だけど現実は西川先生の言うとおりなんだよ。
昔からそうやって役割分担でやってきたと思う。

なんとなく時代の流れで思っていてもなかなか言いづらい事を西川先生はちゃんと言ってくれる。#サンデージャポン #西川先生

— Mr.ふ〜 (@ZXR400RR2) August 5, 2018

■批判の声も存在

一方で、「男女同権であるべきだ」「減点はおかしい」など、批判的な声も存在する。

東京医科大問題。西川さんの意見もひとつだけど、現役女医の意見はやっぱりだいぶ上からになってしまうな。そこ、自分は突破したから。 #サンデージャポン  入試の時点で女性だけ一律減点はないでしょ。大学の入試だよ?

— Payu (@TOMYkyo) August 5, 2018

テレビつけたらサンデージャポンやってて、西川史子が東京医大を擁護するような発言してて、呆れ果てた。
チャンネル即替え。

— はるこ (@K9AthgCZ9XNW5Aj) August 5, 2018

西川先生の発言を考えたら、それを正当な理由として男女の募集人員数に差をつければ良いのでは?
職種によっては、男性だと都合が悪い、女性だと都合が悪いというものだってあるわけだし、正当な理由があるのなら、男女雇用均等法に違反している事にはならないでしょ?#サンジャポ

— 青空優希 YU-KING ゆうきんぐ (@yukiaozora) August 5, 2018

#サンデージャポン 西川史子(西川先生ともよばれるらしい)が東京医大の入試差別について、バカなことを言っている。成績だけで医学部入試を行うと、世の中皮膚科と眼科だけになってしまうと。医師の勤務状態が激務の現状を当然としている。原因と結果を所与の関係でしか捉えられないアホ発言。

— 暴走のきょん (@bosonokyon) August 5, 2018

西川史子の意見に賛同するか否かは個人によって判断が分かれるところだが、医療の現場に「男性と女性でできることは違う。男性も必要」と考えている人が存在することは、間違いない様子。

一方で、「入学試験で女性だけ一律減点する」東京医科大学のやり方は、理解を得られていない。

「医療の現場で何が起きているのか」を踏まえ、今後医師を目指す若者をどのように採用していくのかなどを、感情に流されず冷静に議論し、現場に則したシステムを構築する必要があるのではないだろうか。

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治)

関連記事(外部サイト)