水野美紀の「ほのかな色気」に大人が興奮? 『ラストチャンス』第4話振り返り

水野美紀の「ほのかな色気」に大人が興奮? 『ラストチャンス』第4話振り返り

水野美紀の「ほのかな色気」に大人が興奮? 『ラストチャンス』第4話振り返り

(画像提供:?テレビ東京)

仲村トオル(52)が主演を務めるドラマ、ドラマ『ラストチャンス 再生請負人』(テレビ東京系)の第4話が6日に放送された。

「かっこいい大人たち」の渋い演技が光る本格的なビジネスヒューマンドラマもいよいよ架橋に入り、次々と噴き出すトラブルが「過酷すぎる」と注目を集めている。

■「金を返せ!」と押しかけるオーナーたち

?テレビ東京

元銀行マンでもある作家・江上剛(64)の同名小説をもとにした本作は、第1線で活躍していた銀行員の樫村徹夫(仲村)が、銀行の吸収合併を期に異業界に転職。業績不振の飲食フランチャイズ企業を再建するために奮闘する社会派ドラマだ。

前回までの3話でも、仕事を巡る状況はかなり波乱万丈。銀行を辞めた樫村が、ファンド社長・山本知也(大谷亮平)から飲食フランチャイズ会社『デリシャス・フード』にの再建を依頼され、CFO(最高財務責任者)に就任。しかし、蓋を開けてみると約130億円の「含み損」を抱えており、事実を知った『デリシャス・フード』社長は辞任。

(画像提供:?テレビ東京)

代わりに社長に就任した樫村は、会社再建のための資金集めに奔走することになるのだが…。

■「崖っぷち」から始まった第4話

そんな「崖っぷち」から始まった第4話でも、過酷な運命は手を緩めることなく、樫村と『デリシャス・フード』はさらなる奈落の底へ。龍ヶ崎司郎(大鷹明良)をはじめとする10人ほどのオーナーが「フランチャイズ権の買い戻し」を要求し、声を荒げるシーンから始まった。

なんとかなだめようとする樫村に対し、見るからに「曲者感」溢れる、金融会社の社長・龍ヶ崎は、「私が取りまとめる」という提案を口にする。「どう考えても罠」の匂いしかしない提案を丁重に断る樫村だが、さりとて金を返す宛はなく、古巣の銀行に頭を下げても、かつての後輩に冷たく融資を断られる。

■ベテラン俳優の演技が「重さ」を軽減

(画像提供:?テレビ東京)

かなり行き詰まった感がある『デリシャス・フード』を巡る状況だが、樫村を演じる仲村トオルを始めとするベテラン俳優の人間味溢れる演技からはユーモアさえ感じられ、テーマの重さを軽減している。

樫村の、どこかコミカルな「へこたれないキャラクター」にも、しっかりとした裏付けが。第3話でヤクザ風の物言いをする金融会社社長・龍ヶ崎を別れた直後に、部下に「慣れている」といった発言をするくだり。

そんなシーンを思い出すと、海千山千の銀行マンの顔がチラリと覗き、修羅場の中でも淡々とした日常生活を送る樫村のとぼけた立ち居振る舞いに深みが増す。

ラストチャンス再生請負人(E04)-テレ東- やっぱりおもしろい 樫村のちょっととぼけた話し方や表情が重くなく軽すぎずちょうど快適 ラストで息子と夢について話すシーンも良かった

— ミア (@Mia_Rossi__) August 7, 2018

■30代半ばの美女2人の上品なお色気

?テレビ東京

ともすると重くなりがちなストーリーに、ほどよい彩りをそえているのが、十和子フード社長の十和子(水野美紀)の存在だ。

社員のリストラを求められ、早急に資金調達する必要性を感じた樫村は十和子と食事をして、経営支援を依頼する。

(画像提供:?テレビ東京)

帰る方向が同じということもあり2人は同じタクシーで帰宅するが、連れ立って車に載る場面を樫村の友人が目撃。そのことが妻の明子(長谷川京子)の耳に入り、家庭内に波風が立つ。

水野美紀と長谷川京子という、30代半ばの美女2人からは、品の良いセクシーさが漂っている。タクシーが揺れて樫村と十和子が密着するシーンには、際どさのないほのかな色気があり、心地よい華やぎが感じられる。

独り身かあ、めちゃくちゃ思わせ振りな水野美紀#ラストチャンス

— 透明 (@5bgnEELvwitjiAO) August 6, 2018

ラストチャンスに出てる水野美紀さんが素敵過ぎて生きるのが辛い

— 野原しんのすけ (@yu_lizm) August 7, 2018

■浴衣姿の仲村トオルがかっこいい

シンプルなようで実は深い登場人物のキャラクター作りと、シリアスなビジネスシーンとコミカルな私生活のバランスが絶妙な本作。

ツイッター上でも、そんな登場人物たちの魅力にハマッた視聴者のコメントが多数投稿されている。

黒浴衣の仲村トオルさんカッコいいし、賑やかな柄(ガンダムのらしいですね。)の片桐仁さん可愛らしくて面白いし、最後に番宣も見れてホクホクでした。明日の3話も楽しみ(*^^*)#隅田川花火大会 #仲村トオル #片桐仁 #ラストチャンス

— コノハ (@5v2U3oCm5gvtKI5) July 29, 2018

ビジネスドラマは局によって大きく色が変わるけど、今作は難しい言葉を極力省き誰もが楽しめるような人間ドラマになっている。馴染みのあるベテラン俳優がそれを演じるのだから面白くない訳がない。中でも仲村トオルさんと長谷川京子さん演じる夫婦のやり取りだけでも十分に楽しめる#ラストチャンス

— トモ (@55holiday) August 7, 2018

社長七味まみれ?せめて食事のときくらい七味使うのやめてもいいんじゃない?

#ラストチャンス

— コトブキ (@TachiToshhg) August 7, 2018

■気になる第5話の内容は?

今夜放送の第5話では、赤字店の整理を先延ばす樫村のやり方を、経営コンサルタント会社社長の宮内(椎名桔平)が「甘い」と非難。さらに、新聞記者から業績悪化について、問いただされる。

そんな中、株価が下がり、倒産を恐れたフランチャイズのオーナーたちが会社に押しかける。龍ヶ崎は金を返してもらうために、会社の銀行口座を差し押さえると言い出し、樫村はさらなる窮地に陥ることに。

第1話で、ミッキー・カーチス演じる占い師に告げられた、「うらみ、つらみ、ねたみ、そねみ、いやみ、ひがみ、やっかみ」という「人生七味唐辛子」がテーマの本作。

第4話までの間にも、充分というほど浴びせられた「辛い感情」だが、第5話ではそんな樫村が土下座をするシーンもあるとのこと。会社を襲う荒波に立ち向かいながらも穏やかな態度を崩さなかった樫村の捨て身の奮闘が、事態をどのように変えるのか。状況が大きく動きそうな今夜の放送に要注目だ。

《『ラストチャンス 再生請負人』記事一覧はこちら》

(文/しらべぇドラマ班・星子)

関連記事(外部サイト)