末期がんだった妻を殺害した夫に執行猶予「自分から心中を持ちかけて犯行を遂げた」

記事まとめ

  • 末期がんだった妻の承諾を得て殺害した夫に懲役3年、執行猶予5年の判決が下された
  • 裁判官は「心中という選択を回避するために手を尽くしたのとは到底言えない」と指摘
  • ネットでは「執行猶予は甘い」「こういう事件は部外者には難しい」との声があがった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております