38歳デブ男が23歳受付嬢の紹介を要求 驚異の「勘違い」に悲鳴相次ぐ

38歳デブ男が23歳受付嬢の紹介を要求 驚異の「勘違い」に悲鳴相次ぐ

38歳デブ男が23歳受付嬢の紹介を要求 驚異の「勘違い」に悲鳴相次ぐ

(?ぱくたそ/写真はイメージです)

他者の目はシビアなもの。大人になると、学歴、年収、ルックス、清潔感、人柄…などなど、様々な要素で総合的に採点される。

しかし、世の中には自己採点の結果が非常に甘くなってしまい、「勘違いしてる」と思われてしまう人もいる。そんなことを感じさせる女性向け匿名掲示板「ガールズちゃんねる」のあるスレッドが話題になっている。

■勘違いが過ぎる男

23歳で受付嬢をしている、明るくてかわいい親友と外出している際、仕事関係の男性と偶然遭遇したという投稿者。

すると、その男性は親友のことをひと目見て気に入った様子で「紹介しろ」としつこいのだという。

しかし、肝心の男のスペックはかなり微妙で、年齢は38歳で年収は普通。おまけに肥満でハゲかけ、実年齢より老けて見える…という感じ。

だが、当人は自分に妙に自信があるようで、投稿者が紹介を渋っていると「もしかして俺に気があるから親友ちゃん紹介したくないの?」と発言。勘違いっぷりに、呆れたそうだ。

■同情の声が相次ぐ

この投稿に、他のネットユーザーからは同情の声が相次いだ。

・うわぁ…変な奴にロックオンされたね

・鏡みて出直してこいと言う

・気持ち悪いねー 彼氏いるんです、私も友達も。って言っとこ!

■「結構いる」「いるいる!」と共感も

一方で「結構いる」「普通にいる」など、自身や周囲の「勘違い男」「勘違い女」との遭遇体験談を述べる人の姿も。

・結構いるよ 50前で20代の美人じゃないと結婚しないとか

・12歳しか離れていないから大丈夫 と、言った男。はあ? こっちが無理かどうか決めるんだよ

・自ら胸を露出させたデブスの同僚が、電車の中で男にガン見されたーなどと文句を言ってること

・会社の飲み会の帰り道が一緒で、電車が来るまで時間があったからコーヒーを一緒に飲んだ。 それだけなのに次の日から彼氏ヅラしてきた男。 ちなみに妻子持ち

■3割が「自分はモテる」

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女44,949名を対象に「モテ・非モテ」に関する調査を実施。その結果、「自分はモテるタイプだと思う」と答えた人はおよそ3割だった。

男性29.7%に対して、女性は34.7%と、女性のほうがややモテに自信があるようだ。

(©ニュースサイトしらべぇ)

年代別でみると、若い人よりも中高年のほうが「モテ」自覚がある様子。人生経験を積み、お金や時間に余裕が出た結果、後天的にモテを手に入れたのだろうか。

しかし、上記の女性の声を見るに、「自分ではモテていると思っているけど、実際はそうでもない」人も、それなりに含まれているのかもしれない。

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年2月13日〜2017年3月9日
対象:全国20〜60代男女44,949名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)