「いくらもらってるの?」 収入をしつこく聞いてくるおばちゃん撃退法

「いくらもらってるの?」 収入をしつこく聞いてくるおばちゃん撃退法

「いくらもらってるの?」 収入をしつこく聞いてくるおばちゃん撃退法

(?ぱくたそ)

知りたいけれど、通常ではなかなか聞けないのが他人の年収である。その数字から生活レベルがわかるのだから、そう簡単に教えられないと考える人が大半だろう。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代有職者の男女670人に「収入について」の調査を実施。

「自分の収入を他人に教えたことがある」と答えた人は全体で37.0%と、一定数いることが判明。自ら教える人は、かなり高収入の人だと考えられるが…。

■収入は教えないのがマナーとの声も

年収別では、300万円未満の人が一番少ない割合になっている。

(©ニュースサイトしらべぇ)

やはり少ないと、他人に言いたくないだろう。しかし理由は、それだけではない。

「『あまり給料が良くない』くらいまでは話すけど、わざわざ金額までは言わない。収入がいいかどうかの問題よりも、マナーのようなことだと思うんだけど…」(30代・男性)

「職種を言えば、給料が少ないことがわかるような業界にいる。だけどさすがに、はっきりとした金額を言うことはしないかな。わざわざ、聞かれることもないし…」(30代・女性)

■時給を聞かれたので正直に答えたら…

収入を聞かれて正直に答えると、ややこしいことになる場合も。特に同じ職場では、禁断の話だといえる。

「昔、バイトをしていたときに『時給いくらなんですか?』って聞く人がいた。その人よりもずっと長くいたので少しだけ時給が良かったけど、納得してくれると思い正直に答えたら…。

数日後、上の人に『時給は上がらないんですか?』って聞いていた。私の時給を聞いて不満に思ったのかもしれないけど、仕事の範囲も違うのに…」(40代・女性)

■大阪のおばちゃんに年収を聞かれたら

東京よりも大阪のほうが、収入を他人に教えたことのある人が圧倒的に多い。

(©ニュースサイトしらべぇ)

大阪の人は他人の給料を平気で聞くと言われているが、それに対して正直に答えてしまう人がいるのだろう。

「大阪のおばちゃんは収入を聞き出したら、そこから周囲にペラペラと話すまでがセット。面倒だなと思ったら、『1兆円くらいちゃうかな』とか適当に相手にしておけばいい。

『聞けば、なんでも答えてくれる』と思われると、ずっとターゲットにされるから」(30代・男性)

多くても少なくても、おおっぴらに年収を言うのは避けたほうが無難といえるだろう。

(文/しらべぇ編集部・ニャック)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年7月13日〜2018年7月17日
対象:全国20代〜60代有職者の男女670人(有効回答数)

関連記事(外部サイト)