元AKB48・藤江れいな、高城亜樹と前田亜美とのプチ同窓会に喜び 恋愛禁止中のキュンキュン秘話も

元AKB48・藤江れいな、高城亜樹と前田亜美とのプチ同窓会に喜び 恋愛禁止中のキュンキュン秘話も

元AKB48・藤江れいな、高城亜樹と前田亜美とのプチ同窓会に喜び 恋愛禁止中のキュンキュン秘話も

(©ニュースサイトしらべぇ)

15日、元AKB48の藤江れいな、高城亜樹、前田亜美がトリプル主演を務める、映画 『アニメ女子・外伝〜藍の翼・カーレッジ〜』の制作発表記者会見が開催。会見には各自が劇中衣装で登場し、和気あいあいとトークを繰り広げた。

■プチ同窓会に喜び

本作はアニメ制作に携わる女性スタッフの話。3人それぞれのストーリーが絡まるオムニバス形式という面白い構成になっている。

(©ニュースサイトしらべぇ)

脚本家・橋本琴葉役を演じる藤江は、「普段の私とかけ離れた存在なので、新しい役柄に挑戦できすごく嬉しいです」と今までにないチャレンジに喜びをあらわす。

また、本イベントで久しぶりに顔を合わせたことに「ちょっとプチ同窓会なので、いまウキウキしてます」とニッコリ。それに合わせ、高城と前田が「久しぶり〜」と嬉しそうに返す様子が、仲の良さを感じさせた。

■作品への意気込みも

じつは藤江のみ、すでに撮影を終えているそう。そこで、声優・天川凛役を演じる前田、プロデューサー・秋吉めぐ役を演じる高城のふたりに、意気込み聞いてみた。

(©ニュースサイトしらべぇ)

前田は、声優という役どころに「たくさんの女の子の中で切磋琢磨して自分をアピールして」と自身のアイドルの経験と重なるところがあったのだとか。

また、初めて恋愛にも挑戦したと話すと「亜美が!想像つかない(笑)」と先輩ふたりにツッコまれる一幕も。一方、高城は30歳手前の女性を演じるにあたって、「自分にも置きつつ、めぐのことも考えつつ」と役への意識を語った。

(©ニュースサイトしらべぇ)

■アニメでキュンキュン補給

作品のテーマにちなみ、好きなアニメに話が移ると、藤江が意外な一面を見せた。

(©ニュースサイトしらべぇ)

AKB48が恋愛禁止であることから「アニメを見てキュンキュンするっていうのが日課だったんですよ」と明かし、「『君に届け』とか『orange』、青春っていうぐらい大好きな作品です」と目を輝かせながら語った。

対して、前田は「全然アニメ見ないんですよ(笑)」と発言し、一同を驚かせる。続けて、ウルトラマンに憧れていた過去と本作の自衛隊のシーンを重ね「世界を救うってこと(について)は目標達成」とやや強引気味にまとめてみせた。

(©ニュースサイトしらべぇ)

■改めて共演に感動

(©ニュースサイトしらべぇ)

3人の関係性について話が及ぶと、『君のことが好きだから』のオリジナルメンバーであったことを振り返る。現在そのメンバーでは指原莉乃意外は卒業してしまった、と時間が経過を感じつつも、改めて共演することが出来た喜びを噛みしめた。

長年の月日が経っても変わらず仲のいい3人が、作品ではどのように見せてくれるのか楽しみだ。

(文/しらべぇ編集部・ステさん 撮影/KEN)

関連記事(外部サイト)