「経済DV」と非難された女性に励ましの声 「旦那が馬鹿」「お金は湧かない」

「経済DV」と非難された女性に励ましの声 「旦那が馬鹿」「お金は湧かない」

「経済DV」と非難された女性に励ましの声 「旦那が馬鹿」「お金は湧かない」

■夫は仕事を辞め、趣味の店を経営

もともとは夫と共働きをしていたという投稿者の女性。当時の収入は夫の3倍ほどで、毎月決まった額をお互いが家計に入れていた。家事は投稿者が行っている。

しかし、夫が去年、仕事を辞め、趣味のお店を開業。それに伴う費用は、投稿者が負担。さらに運転資金も出しているという。

夫の事業は利益を出しておらず、赤字の状態で、今では家にお金を入れない状態が続いている。

■友人の「経済DV」との非難に疑問

ある日、投稿者は友人に、子供とほかの友人と一緒に海外旅行へ行く予定だと話したそう。すると、「嫁が勝手に旅行に行っても怒らないなんて、旦那さんは優しいね」と言われ、絶句。自分で稼いだお金で旅行に行くだけなのに、夫の評価が上がることを不思議に思ったようだ。

さらに、その友人は「旦那さんにお小遣いを渡さないのは酷い」「経済DVだ」と言うのだという。

夫が家にお金を入れていないことを知っているにも関わらず、投稿者は、友人からそのように言われることに納得がいかない様子。客観的に見て、夫にお小遣いを渡すべきであるかという疑問を掲示板に投げかけた。

■投稿者への励ましの声が相次ぐ

今回の投稿を受け、掲示板には「お小遣いを渡す意味がわからない」と投稿者を励ます声が続出。「旦那さんはお荷物」「友人は妬みで意地悪を言いたいだけ」などのコメントが寄せられている。

「旦那はバカなの? お金は湧くの? 小遣いやれ? 私、こんな旦那と友人ならいらないかも。投稿者さんお疲れさまです」

「渡す必要ない。家事とか育児をしてくれるなら別だけどね。旅行は夫婦で納得してるなら行くのも問題ない。旦那さん人生のお荷物にしか思えません。ヒモだよね…」

「その友達、あなたのほうがダンナより3倍収入があったことが気に入らないだけかもよ。
他にもいろいろ羨ましいのかも知れないし、意地悪を言いたいだけなのでは?妬んでて、あなたが憤慨してるのを見たいだけかも。もう充分やってあげてるわ、と悠然としていましょ」

「そんな何もしない旦那さんにお金出すだけもったいない気がする。お友達は投稿者さんのことが羨ましくて文句言いたいだけじゃないの?」

家計にお金を入れず、「ヒモ」と言われてもおかしくない状態の夫。そんな夫に、「お小遣いを渡す必要はない」と考える人がほとんどのようだった。

(文/しらべぇ編集部・音無 まりも)

関連記事(外部サイト)