ジェームス三木の孫、ケイティ夫妻が読者モデルを痛烈批判 「天狗」「しゃしゃり出んな」

ケイティと夫・Tatsuyaが読者モデルを痛烈批判 山里亮太やマツコ・デラックスも賛同

記事まとめ

  • ジェームス三木氏の孫・ケイティが夫・Tatsuyaと『アウト×デラックス』に出演した
  • ケイティがママタレントに対し苦言を呈すると、南海キャンディーズ山里亮太も同調
  • 読者モデルについて「大嫌い」と本音を吐露すると、マツコ・デラックスも賛同を示した

ジェームス三木の孫、ケイティ夫妻が読者モデルを痛烈批判 「天狗」「しゃしゃり出んな」

ジェームス三木の孫、ケイティ夫妻が読者モデルを痛烈批判 「天狗」「しゃしゃり出んな」

ジェームス三木の孫、ケイティ夫妻が読者モデルを痛烈批判 「天狗」「しゃしゃり出んな」

(画像はフジテレビ公式Twitterのスクリーンショット)

数々の名作を世に送り出した脚本家、女性問題でも世間を騒がせてきたジェームス三木(83)の孫でモデルのケイティ(33)が、同じくモデルの夫・Tatsuya(28)と『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に出演。

ママタレントや読者モデルに対して、祖父譲りの歯に衣着せぬ毒舌を連発。視聴者からも称賛の声があがっている。

■ママタレへの不満爆発

自身も娘を育てるケイティは、まずママタレへの不満を口にする。

「キラキラしすぎてる。ママ、そんなことない」と前置きし、「乳首は伸ばされるしシワ出てくるし、頭はボサボサ。輝きを失って全部吸い取られる」とママならではの苦労を告白。

「授乳って素晴らしいもの」とSNSにアップするママタレに向け、「全然そんなことない。魂を吸い取られるくらい凄く疲れる」と苦言を呈す。

これに南海キャンディーズ・山里亮太(41)も「キレイごと書いて本出すつもり」と同調、2人が「ですよねー」と闇の部分で共鳴しだした。

■読モに怒り

本業はモデルのケイティ夫妻。読者モデルへの不満も止まらない。

19歳のころからモデルを始めたケイティ、数年後に登場してきた読モに対して「大嫌い。しゃしゃり出んな」と本音を吐露。山里は「本に載りがちな読者」と読モを評した。

マツコ・デラックス(45)も「それまではプロの世界だった。デジカメに変わってから『身近なモノ』が受けるようになった」と当時を振り返り、賛同を示す。

夫のTatsuyaも「急に注目が集まるから天狗になる。僕と比べてカッコよくない」と厳しい。「心も大事にしないといけないのに何か違う。プロフェッショナル性が落ちる」と嘆いた。

■視聴者も共感

「悪い人たちではないだろうが、『チッ』ってなってしまう」とどうしても読モへの嫌悪感を消せないケイティに、山里は合コンでフラれた読モ集団を思い出し強く賛同。3人で読モへの不満をぶつけた。

同じ想いだった視聴者も多いようで、共感・称賛の声が目立っている。

ケイティさん最高(笑)言ってること全部共感できる!
#アウトデラックス

— めそ@ダイエット中 (@meso08280723) August 16, 2018

アンチ読モスペシャルだっけ!?w #アウトデラックス

— (現ラジオネームいつでもニンニク好き) (@080HONDA2nd) August 16, 2018

#アウトデラックス #ケイティ わかるわー!ママはそんなにキラキラしてないw

— wave baby (@aoitori0124) August 16, 2018

本に載りがちな読者(読モ)とかいうパワーワード

— まつこ (@msdz_00) August 16, 2018

■15.9%は「読モに悪いイメージ」

しらべぇ編集部で全国20〜60代の男女1,342名を対象に調査したところ、全体の15.9%が「読者モデルに対して悪いイメージを持っている」と回答した。

(©ニュースサイトしらべぇ)

読モに悪いイメージを持つのは少数派だが、モデルの「プロ」として活躍してきた立場からすれば「素人」の活躍が面白くないのも理解できる。

雑誌だけでなくバラエティー番組などで活躍する読モも多いが、本職のモデルへの敬意をもって行動しなければ反感を買ってしまうのかもしれない。

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年7月14日〜2017年7月17日
対象:全国20〜60代の男女1,342名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)