林先生がお祭り必勝法を解説 金魚すくいは生物学で大量ゲットも射的は物理学でも攻略不能?

林先生がお祭り必勝法を解説 金魚すくいは生物学で大量ゲットも射的は物理学でも攻略不能?

林先生がお祭り必勝法を解説 金魚すくいは生物学で大量ゲットも射的は物理学でも攻略不能?

(Hakase_/iStock/Thinkstock)

毎年、全国各地で開かれる夏祭り。くじや射的、焼きそばやりんご飴などの屋台がたくさん出店され、老若男女問わず楽しめる日本の伝統行事だ。

そんな中、19日に放送された『林先生が驚く初耳学!』(TBS系)では、林先生が「金魚すくいの攻略法」を解説した。

■金魚すくいを生物学で攻略?

金魚すくいでは、金魚がポイの上に乗ったものの破けて落ちてしまい、悔しい思いをした人も多いだろう。しかし、その攻略法について林先生は…

「金魚を水槽に入れておくと、だいたい影になっているところにいますよね。黒いTシャツで黒い影を作ってあげれば、自分の取りやすいところに金魚が集まってくる。なので金魚すくいの大会では黒を着て参加する人が多い」

と、解説した。

■射的は物理学で…

さらに番組では射的の攻略も試みた。物理学という観点で攻略すべく、山形大学物理学部・郡司教授は「一つ目は標的の上側に弾を当てる。コルクが飛んでいる最中にも重力で下に落ちていきます」と解説。

重力で落ちることも考えて、標的までの距離が2メートルであれば「当てたい場所から2センチ上を狙うと落としやすい」とのこと。

実際、攻略法をもとに挑戦すると、小さな招き猫を一発で仕留めることができたが、大当たりになっている『Nintendo Switch』を狙うと、当ててもおもりが付いていて落とすことができない。

射的屋のおじさんは「運があれば落ちるし運がなかったら落ちないね。神様がいますから」と笑顔で語った。

■射的屋のやり方が腑に落ちない

ネットでは射的屋の商法が腑に落ちない人が続出

#初耳学 まじで、射的の絶対落とせない重量とか当てても曲がるだけの的とか詐欺だろ

— 増岡総司 (@B6JEOltAhQ7fgRV) August 19, 2018

初耳学の射的屋のジジイなんかイライラするな
あんなの詐欺でしょほとんど

— にの@PG (@nino_pg) August 19, 2018

#初耳学
金魚すくいの必勝法は黒い服でやる事か、金魚は黒い陰に
集まる為、と。 射的は的の上2p上を狙うと良いのか
景品のスイッチを取るのに神様の守りがあるってww

— ヨッシー (@gekkayozakura4) August 19, 2018

■5割は祭りに行く

しらべぇ編集部では、全国の20〜60代男女1,338名を対象に、お祭りに関する調査を実施したところ、半数弱の人が祭りへ足を運んでいる。

(©ニュースサイトしらべぇ)

祭りのテキ屋といえば、昨年ユーチューバーのヒカルが祭りくじに当たりが入っているのかを検証する動画を投稿しハズレをたくさん引いたことで「ホンマ汚い大人やで!」というセリフが流行った。

確かに当たりが入っていなかったり射的で景品が獲得できないこともあるが、祭りで本当に大切なのはその場の雰囲気を楽しむことなのかもしれない。

(文/しらべぇ編集部・嘉手川 裕太)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年8月26日〜2016年8月29日
対象:全国20代〜60代の男女1338名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)