タクシー運転手殴り逮捕の男 「1万円で家まで」交渉に批判の声が相次ぐ

タクシー運転手殴り逮捕の男 「1万円で家まで」交渉に批判の声が相次ぐ

タクシー運転手殴り逮捕の男 「1万円で家まで」交渉に批判の声が相次ぐ

(Scander/iStock/Thinkstock)

神奈川県警鶴見署は19日、料金の支払いをめぐってタクシー運転手の男性(30)とトラブルになり、顔面を殴ってケガを負わせたなどとして、横浜市鶴見区の会社員の男(56)を強盗致傷容疑で逮捕したと発表。

酒の勢いで起こったとみられる事件に、ネットでは驚きと呆れの声が出ている。

■「1万円で家まで」叶わず殴る

「産経ニュース」によると、逮捕容疑は同日午前4時半頃。

男は朝まで飲酒した後、東京都台東区内からタクシーに乗車し、「自宅まで1万円で行ってほしい」と提案したという。

これに対し、男性運転手は「行けるかはわからない」と返答。その後、自宅近くまで来た際、料金メーターが約1万4000円になっていることを伝えると、男が激高し、暴力を振るった。

なお、警察の取り調べに対し、男は「トラブルになって手を出したのは覚えている」などと、おおむね容疑を認めているという。

■批判の声相次ぐ

この報道に対し、ネットでは批判の声が相次ぐことに。

・駅員とか抵抗できない人に強く出るタイプだと思う

・いくら料金で揉めたとしても殴るのは論外だ

・人間として終わってますね

■「1万円で」交渉に厳しい声も

また、「台東区から横浜鶴見区まで1万円で」という交渉に対し、「金がないなら乗るな」「さすがに無理がある」「始発まで待てよ」などの声も。

・金がないくせにタクシーに乗ったのかな。4時半なら始発まで待てばいいのに

・確かに、遠距離だと割引してくれる人がいるらしいけど、だからといって殴るなんてのは論外

・台東区から鶴見だと、深夜割増ありならそもそも1万円以内はきつい。最初から断ったほうがよい客だったな。。

・一万円で上野から横浜は無理。カプセルホテルビジネスホテルに泊まって始発で帰れば十分お釣りがきたのにお釣りどころか逮捕歴が付いてしまった

ちなみに、編集部がこのサイトで台東区(上野で計算)から横浜鶴見区までの運賃(有料道路不使用/深夜料金)を試算したところ、予想運賃は11,220 〜12,090円、予想所要時間は 約70分という結果に。

1万円で帰宅するのは、少し現実的でないことがわかる。

■3分の2「タクシーは贅沢」

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,361名に「交通手段について」の調査を実施。その結果66.1%もの人が、「タクシーの利用は贅沢だと思う」と考えてることがわかった。

(©ニュースサイトしらべぇ)

1万4000円は、確かに庶民にとって決して安い出費ではない。だが、それで人生を狂わせてしまうのは、あまりに愚かな話だ。

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年3月23日〜2018年3月27日
対象:全国20代〜60代の男女1,361名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)