溺れた娘を助けた55歳男性が死亡 「父の務めは果たした」一方で批判も出たワケ

溺れた娘を助けた55歳男性が死亡 「父の務めは果たした」一方で批判も出たワケ

溺れた娘を助けた55歳男性が死亡 「父の務めは果たした」一方で批判も出たワケ

(suntakafk/iStock/Thinkstock)

19日、海で溺れた8歳の娘を助けた結果、55歳の父親が沖に流されて死亡する事故が発生。

痛ましい夏の水難事故に、ネットでは様々な声があがっている。

?

■溺れた娘を救助した後死亡が確認

「読売オンライン」によると、事故が起きたのは19日午後2時40分頃。場所は茨城県鉾田市にある人工岬「ヘッドランド」付近だ。

警察の発表によるとこの日、男性は妻(44)、娘と海水浴に来ていたのだが、娘が溺れることに。それを妻が助けようとしたが、深みにはまって動けなくなり、男性が娘を救助した。

しかし、力尽きた男性は強い波に流されてしまい…その後、約100メートル沖合でうつぶせの状態で浮いているのが見つかった。

なお、「ヘッドランド」は人工の岬で、沖に向かって強く流れる離岸流が発生することから、周辺は立ち入り禁止になっているという。

■「父の務めは果たした」

この報道に対し、ネットでは「父の務めは果たした」と評価する声が。

・問題あるが、親父の責任は果たしたと思う

・娘の命を救えたのは、本人としては良かったのでは

・離岸流に逆らわず流されるままだったら助かったかもしれない。ご冥福をお祈りいたします

■批判の声も

しかし、立ち入り禁止区域で子供を遊ばせていたことには、「間違っていた」「美談にしてはいけない」など、厳しい声も少なくない。

・遅い時期のお子さんで可愛かったでしょうね。でも立ち入り禁止に入ったのは間違いだった。。。ご冥福をお祈りします

・亡くなったんは残念やけど子供を立入禁止区域で遊ばしてたんが問題やと思う

・かわいそうだけど場所柄保険金も下りなくて遺された家族も大変だろうなと思う。ルールは守らないとね

・助けたい、残念な気持ちはわかるが立ち入り禁止エリア、美談にしてはいけない

■水難事故の6割は海

警察庁生活安全局地域課の発表によると、平成29年度夏季に水難事故に巻き込まれた人は647人。このうち、海が377人で全体の58.3%だった。

海の怖さを改めて感じさせるデータである。

そろそろ夏レジャーの時期も終わりに近づいているが、決して警戒は緩めないようにしてほしい。

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美)

関連記事(外部サイト)