くら寿司がシャリを黒酢に変えたのに「あまり話題になっていない」理由

くら寿司がシャリを『健康黒酢』に変更 「あまり話題になっていない」理由を分析

記事まとめ

  • くら寿司は7月27日からシャリを3種類の黒酢をブレンドした『健康黒酢』に変更した
  • 一般的な寿司酢より旨味が強く、黒酢は美容や健康維持に役立てられるのが一般的
  • 「全体的に少し美味しくなった」ぐらいの印象の為、あまり話題にならないという分析も

くら寿司がシャリを黒酢に変えたのに「あまり話題になっていない」理由

くら寿司がシャリを黒酢に変えたのに「あまり話題になっていない」理由

くら寿司がシャリを黒酢に変えたのに「あまり話題になっていない」理由

ハンバーグやシャリカレー、シャリコーラなど、さまざまな斬新メニューを開発しつつも、国産天然魚にこだわりを持つ100円回転寿司といえば『くら寿司』だ。

くら寿司は7月27日から寿司に使用するシャリを3種類の黒酢をブレンドした、一般的な寿司酢よりも旨味の強い『健康黒酢』に変更した。

■あまり寿司に使うイメージのない黒酢

黒酢といえば寿司ではなく中華料理や、料理以外だと飲んで美容や健康維持に役立てるのが一般的だが、寿司に使うとは斬新すぎる。

だが、そんな画期的な試みを行ったのに、なぜか新メニューの発表よりもイマイチ話題になっていない。それはなぜだろうか?

北大路欣也はドヤ顔をしているが

(©ニュースサイトしらべぇ)

なぜあまり話題になっていないのか探るべく、近くのくら寿司で黒酢を使ったシャリはどのように変わったのか、食べて確かめることにした。

テーブルには、北大路欣也が海原雄山ばりのドヤ顔で「今、全ての寿司が変わる」と豪語している紙があったが、味の変化が気になるところだ。

■見た目の変化はなし

(©ニュースサイトしらべぇ)

まず注文したびんとろを見ても、黒酢を使っているのにシャリはそこまで黒くなっておらず、あまり変化はない。

(©ニュースサイトしらべぇ)

実際に食べても「なんかちょっと風味が良くなったかな?」ぐらいで、黒酢特有のクセはまったく感じられないのだ。

■黒酢の違和感はゼロ

(©ニュースサイトしらべぇ)

そのほかにも赤身の味が強いかつおのゆず塩たたきや…

(©ニュースサイトしらべぇ)

脂が濃厚な鮭ハラスなどを食べてみたが、どちらもビックリするぐらい違和感がない。黒酢を使っていると言われなければ、気づかない人も多いのではないだろうか。

■鉄火巻きにも合う

(©ニュースサイトしらべぇ)

それ以外にも鉄火巻きなど海苔を使った巻物も食べたが、こちらも違和感ゼロ。すべてにおいて美味しさが1割ぐらい増したかな? レベルの変化なのである。

おそらく話題になっていない理由としては「全体的に少し美味しくなった」ぐらいの印象のため、きっとほとんどの客が違和感なくソコソコ満足しているからだと思われる。

■地味な変更だがヘビーユーザーにとっては嬉しい

(©ニュースサイトしらべぇ)

しかし、味はあまり変わらずとも、黒酢を使うことにより健康意識が高まる寿司になったことで、くら寿司を頻繁に利用する客にとっては嬉しい限り。

ただ、黒酢をここまで違和感なく寿司に仕上げるのはとてつもない試行錯誤があったことだろう。それを考えると、もうちょっと話題になってもいいのかも…とは思える。

ほかにもトマトジュースやスーパーフードを使ったサラダやドリンク、スイーツが増えており、地味ながらもヘビーユーザーからの満足感は確実に高まったはずだ。

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男)

関連記事(外部サイト)