橋下徹氏、高校野球の「球数問題」に警鐘 「感動のため才能を潰す」と共感の声

橋下徹氏、高校野球の「球数問題」に警鐘 「感動のため才能を潰す」と共感の声

橋下徹氏、高校野球の「球数問題」に警鐘 「感動のため才能を潰す」と共感の声

(©ニュースサイトしらべぇ)

秋田県勢103年ぶりの決勝進出を果たした金足農業と、絶対的王者として君臨した大阪桐蔭がぶつかり、大いに盛り上がった夏の甲子園大会。

しかし、それを感動だけで終わらせるべきではないと、前大阪市長で弁護士の橋下徹氏(49)が警鐘を鳴らし、話題になっている。

■吉田選手の負担を解明すべきと警鐘

今大会で、金足農のエース・吉田輝星投手が1回戦からの6試合で投げた球数は、合計881球。決勝のカードでは、蓄積疲労と猛暑の影響もあり、試合中盤に「足が動かなくなった」と話していたほどだ。

これを受け、橋下氏はツイッターで、「大阪桐蔭と金足農業のメンバーには敬意」とした上で、「金足農業の吉田選手を美談で終わらす間は、日本のスポーツ界に未来はない」と警鐘を鳴らした。

そして、「(登板過多が)吉田選手にどれだけの負担がかかり、選手寿命をどれだけ縮めたのかを科学的に明らかにすべき」と、自身の考えを述べている。

■橋下氏の意見に共感の声相次ぐ

橋下氏が言及した高校野球の「球数問題」について、「Yahoo! ニュース」やツイッターでは同様の考えを示す人が続出。「選手の体が一番優先されるべき」といったコメントが相次いでいる。

「チームの事情、本人の意思、いろいろあるとは思うが美談にしてはいけない。選手の健康や将来が何より優先されるべきこと」

「球数制限に反対する論旨のほとんどが一瞬の感動や少子化、チーム構成問題をあげていることが不思議。スポーツ選手としてのピークが高校生で、そこで優秀な野球選手の才能が終わる。選手個人の人生を考えないでいいんですか?」

「甲子園での活躍も大事かもしれないが、その後の野球人生も大事。壊れて将来を棒に振っていいわけがない」

■「大人が仕組みを変えるべき」との声

また、「選手は投げたいに決まっている」「高校生の体を守るのは大人の責任」といったコメントも見られる。選手の気持ちとして、チームのために投げたいのが当然。だからこそ、制度改革が必要だと考えているようだ。

「今必死で甲子園を目指している高校生は腕が折れても、勝ちたい・投げたいに決まっています。高等学校は教育組織なのですから、未だ守られるべき立場である高校生の健康と将来を考えて、想いを抑えるのは大人の責任です」

「ルールで縛るより、痛いときは痛いと言える環境や、試合後のケアをきちんとやる習慣作りや意識作りのほうが大切だと思う。とはいえ、毎日頑張った仲間がいたら、どうしても無理しちゃうのもわかるから難しいですね」

「教育って理念のもとでやってるのだから、選手が投げたいって言っても止めるのが指導者の役目な気もするけどなあ。この先の人生もあるだろうし」

■高校野球が好きな人の割合は?

しらべぇ編集部では全国20〜60代1,329名を対象に、「高校野球」についての調査を実施。「大好き」「まあまあ好き」と回答した人の割合は、48.0%という結果になっていた。

(©ニュースサイトしらべぇ)

今回、大きな感動を呼んだ吉田選手の力投。一部では、「球数制限」があれば、その感動はなかったとされるが、「日程調整」など選手の体を守る仕組みが一番だと考えている人が多いようだ。

(文/しらべぇ編集部・音無 まりも)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年7月13日〜2018年7月17日
対象:全国20代〜60代の男女1,329名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)