SNSで自作自演? 女子がドン引き「売れない俳優の必死な行動」3選

SNSで自作自演? 女子がドン引き「売れない俳優の必死な行動」3選

SNSで自作自演? 女子がドン引き「売れない俳優の必死な行動」3選

(Monkey Business Images Ltd/iStock/Thinkstock/画像はイメージです)

俳優を目指している男性の中には、SNSやネットを使って自分を大きく見せようと驚くような行動をとる人もいるようだ。

しらべぇ取材班は、女子たちに「売れない俳優のドン引きした行動」を聞いてみた。

(1)フォロワーを買いまくる

「30代半ば過ぎてまだ雑誌のモデルをしている友人。その人がメインというより、女性モデルの彼氏役で名前も出内容な仕事ばかりです。

ネットでその人の名前を検索してもほとんどヒットしないといったレベルなのに、インスタグラムのフォロワーは数万人越えで、その辺の著名な芸能人より多い。

『ファンが多い』と自慢してきますが、みんな陰で「お金で買ってる」と話してます…。親のお金で生活しているだけでなく、そのお金でフォロワーまで買ってたら、さすがに引く」(20代・女性)

(2)自分でウィキペディアを編集

「エキストラレベルの仕事しかなく、まったく有名でもなんでもない俳優なのに、彼のウィキペディアがあり、しかもぎっしりと情報が書かれています。

内容も、たった数秒しか出てない作品について『◯◯という映画に出演した際には、出演シーンが少ないながらも役柄に合うようにストイックに体を絞りあげて、俳優魂を見せた』など、あきらかに自分で書いているでしょう…という情報ばかり。

こうやって自分で演出していかないといけないなんて、芸能人て大変だな…と、ある意味感心してしまった」(20代・女性)

(3)自作自演の応援コメントを書き込む

「俳優を目指している男の友人がいますが、自分で何個かSNSアカウントを作って、自分の投稿に『◯◯さんの演技は世界で通用する』とか書き込んでいるようで…。

多分自分が言われたいことを、その偽アカウントで投稿している感じで…周りの友人たちはそれにみんな気づいているので、内心で哀れな目で見ている部分がある。

一般人の私たちからしたら、いくら自分で自画自賛してても、本当にファンがついて認めてもらえないと意味がないと思うのに…よくわからない」(20代・女性)

■フォロワーや「いいね」を買った人は…

しらべぇ編集部が全国20代〜60代のSNSユーザーの男女724名を対象に調査したところ、「フォロワーやいいねを買ったことがある」と答えた人の割合は10.9%。

(©ニュースサイトしらべぇ)

芸能人として生きていくためには、自分で人気を演出することも必要だろう。だが、売れてないときくらいは愚直に頑張る姿勢でいてほしいものだ。

(文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年5月18日〜2018年5月21日
対象:全国20代〜60代のSNSユーザーの男女724名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)