娘に母と恋人の情事を…『高嶺の花』小日向文世の鬼畜っぷりにドン引きの声

娘に母と恋人の情事を…『高嶺の花』小日向文世の鬼畜っぷりにドン引きの声

娘に母と恋人の情事を…『高嶺の花』小日向文世の鬼畜っぷりにドン引きの声

(『高嶺の花』)

22日、石原さとみ主演ドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系)の第7話が放送。

脚本を担当する野島伸司らしいエグい展開に、ネットでは悲鳴が相次いでいる。

■ももと直人のその後

先週放送の第6話で、直人(峯田和伸)との結婚式から逃げ出したもも(石原さとみ)。その後、自分をさらいに来た吉池(三浦貴大)を妻・真由美(西原亜希)のもとへ返し、直人を痛めつけた罪悪感を背負って、一心に華道と向き合うことを決意する。

一方、ももは父の市松(小日向文世)、母のルリ子(戸田菜穂)とともに、華道界の名門・神宮流の次期家元・兵馬(大貫勇輔)と会食することに。華道家として圧倒的な存在である兵馬に、ももは敬意を抱く。

■狂気の父親・市松

純情にもものことを想う直人に対し、なにかと黒い新興流派の華道家・龍一(千葉雄大)。ももの異母妹・なな(芳根京子)と交際する一方で、その母のルリ子とも身体の関係になっていたが、この日の放送ではふたりがベッドで抱き合っているところをななが目撃。

ななはボロボロになってしまうが、じつはこれも市松の策略だった。「この世のけがれを知らぬものに、この世の美しさがわかるはずがない」という考えで、華道家として一皮むけるために、ななにあえて辛い経験をさせたのだ。

じつは龍一は兵馬の異母兄弟で、婚外子の龍一は兵馬に強い恨みを抱いていた。そして、次期家元の座を奪うために市松と手を組み、ルリ子とななに手を出すように命令されていたのだ。

■「市松やばい」「怖すぎる」

この展開に、ネット上では「市松やばい」「怖すぎる」「正直引いた」などの声が相次ぐことに。

ほんと市松怖いね#高嶺の花

— ま?* (@around_30_2017) August 22, 2018

市松は何もかも知っていて動いているのか #高嶺の花

— メソポタミア文明 (@mii__mi) August 22, 2018

ななにワザと母親との密会を見せつけるとは…父親も残酷だな(。-_-。)#高嶺の花#小日向文世 #芳根京子#千葉雄大

— 猫娘(ΦωΦ) (@nyanko_azusaku) August 22, 2018

御家元を演じる小日向文世の演技は背筋が凍るような気迫。
実在したら、華道を極めるために悪魔に魂を売った人を感じさせる。 #高嶺の花

— ぽん (@DAqltLGOadW7TnG) August 22, 2018

#高嶺の花 小日向文世が芳根京子を壊す計画に加担して千葉雄大は戸田菜穂とのベッドシーンを。石原さとみの結婚ぶち壊したり、家元ってこんなに異常者なの?運転手升毅と石原さとみの母親も小日向文世が故意に近づけた罠の結果なのかもね。香里奈登場。プーさんはそっちに行った方が幸せになりそう。

— nekosmap (@narakunakama) August 22, 2018

■プーさんに癒やされたい…

一方その頃、直人は図書館で同じ本を借りようとしていた千秋(香里奈)というメガネ美人と出会い、顔見知りになる。

第7話からの参戦と、少し遅めな印象も受けるが、今後どのようにして物語に絡んでくるのか。

いよいよ混沌としている本作の、清涼剤になってくれることを期待したい。

《これまでに配信した『高嶺の花』記事一覧はこちら》

(文/しらべぇドラマ班・クレソン佐藤)

関連記事(外部サイト)