菅井きんさんが死去 名脇役の訃報に「家なき子のばばあ大好きやったよ」

菅井きんさんが死去 名脇役の訃報に「家なき子のばばあ大好きやったよ」

菅井きんさんが死去 名脇役の訃報に「家なき子のばばあ大好きやったよ」

(?ぱくたそ)

数多くの映画やドラマなどで活躍した女優の菅井きんさんが10日、心不全のため亡くなっていたことが分かった。92歳だった。

■黒澤明監督の『生きる』など名作映画に出演

所属事務所の発表を受け、菅井さんの訃報が伝えられたのは23日。報道によると、通夜密葬などは、すでに家族や近親者のみで執り行われたとのこと。偲ぶ会などを催す予定はないとのことだ。

1926年に東京で生まれた菅井さんは、戦後すぐの昭和21年、1946年に東京芸術劇場研究所に入所し女優の道へ。その後、黒澤明監督の『生きる』や、本多猪四郎監督の『ゴジラ』など、名作映画に数多く出演している。

■「婿殿」役は藤田まことさん

「必殺」シリーズでは、中村主水(藤田まこと)の姑のせん役を演じ、「婿殿!」というセリフで人気を博した。2010年には、同作で義理の息子役を演じた藤田まことさんが76歳で死去。菅井さんは、

「一昨年、『必殺』でご一緒した時はわたしの体を心配してくれたものです。残念で仕方ありません」

という追悼の言葉を述べている。

■『家なき子』での愛称は「ババア」

1994年のドラマ『家なき子』(日本テレビ系)では、愛称「ババア」というインパクトが強い役を好演。ツイッター上でも、名脇役として親しまれた菅井さんを偲ぶ言葉が多く寄せられている。

#菅井きん さん〜
ばばあご冥福をお祈りします?

家なき子のばばあ大好きやったよ。
めちゃくちゃ泣いたよ。

— 菜依 (@sae__20030120) August 23, 2018

菅井きんさん、個人的にはやはり #必殺 シリーズの中村せん殿ですが、その他のドラマでも名脇役でした。初代 #ゴジラ に、#太陽にほえろ ジーパン刑事の母、#暴れん坊将軍 でもよくゲストで出てはりましたな。新仕置人の降板問題でもわかりますが、実際は気遣いの繊細な方だったそうです。心より合掌。

— 山崎主秀/霧崎遼樹 (@kirisaki_ryoki) August 23, 2018

菅井きんさん亡くなられたのね…年齢見て驚いた。でも、そうだよな、私が小さい時にはもうおばさんだったもんね。 >RT そして主水さんとのあの世でのやり取り、見たいな…

— Kobe Hiro (@hiro_madoka) August 23, 2018

ストライクゾーンを聞かれた時によく
「菅井きんから芦田愛菜まで」ってド失礼な事を言ってましたが、
謹んでご冥福をお祈り致します。

— 吉宗 (@savanna_chance) August 23, 2018

菅井きんさん…最近お見かけしないと思ってましたが、92歳でしたか…。ご冥福をお祈り致します。

— 雪緒 (@janiyuki) August 23, 2018

菅井きんさんがお亡くなりになっていたとは… 寂しい?

— れいごん (@reigongon) August 23, 2018

今の必殺アワーが暗闇仕留人だしこれからも必殺アワーで菅井きんさんを見続けることが出来るので亡くなられてしまった実感はもてないだろうな。
近年のお姿を見れなかったのは残念で菅井きんさんにはやすらぎの郷に出て欲しかったんだよなぁ。

— ta ma (@yankiss625) August 23, 2018

昭和の様々なドラマでお手伝いさん役を演じてきた菅井きんさん。子どもの頃、そんな「近所のオバサン」みたいな存在に親しみを感じてた。
ありがとう、おばちゃん!
謹んでご冥福お祈り申し上げます。

— U.C.T (@uctripper) August 23, 2018

■「近所にいそう」な親しみやすいキャラも人気

ベテランの演技派女優としていくつもの「当たり役」を持ち、老若男女に人気を博してきた菅井さん。「近所のおばさん」的な親しみやすいキャラクターが愛されてきただけに、ネット上でも悲しみの声が広がっている。

(文/しらべぇ編集部・星子)

関連記事(外部サイト)