「果物送る」新手のオレオレ詐欺が増加 「悪知恵働きすぎ」と驚愕の声

「フルーツを送る」と電話した後、現金をだまし取るという新手の詐欺に呆れる人が続出

記事まとめ

  • 「フルーツを送る」と電話した後、現金をだまし取るという手法の新手の詐欺事件が発生
  • フルーツの話でワンクッション置き高齢者の警戒心をとくのがこの手口の狙いとみられる
  • ネット上では「悪知恵がすごい」など、詐欺師たちの創意工夫に驚き、呆れる人が続出

「果物送る」新手のオレオレ詐欺が増加 「悪知恵働きすぎ」と驚愕の声

「果物送る」新手のオレオレ詐欺が増加 「悪知恵働きすぎ」と驚愕の声

「果物送る」新手のオレオレ詐欺が増加 「悪知恵働きすぎ」と驚愕の声

それは、「フルーツを送る」と電話をした後、現金をだまし取るという手法だ。一体、どういうことか?

■「フルーツ送る」で安心させる?

報じたのは「読売オンライン」。

先月26日、東京都品川区の女性(71)が電話に出ると、長男を名乗る男が「家に桃を送るからね。明日、農園から電話があるから」と語り、翌日実際に農園を名乗る電話があり、「送り先を確認させてください」と住所を尋ねられたという。

だがこれは罠。それから約30分後、再び長男役から「会社の金を使い込んだ」と電話があり、女性はなぜか自宅近くに現れた、息子の同僚を名乗る男に現金100万円を渡してしまったのだ。

フルーツの話でワンクッション置いて高齢者の警戒心をとき、また同時に住所を聞き出すことで、スムーズな金銭の受け渡しにつなげるのがこの手口の狙いとみられる。日常的な会話の中に詐取の伏線を仕込むという、ある意味非常に練られた作戦と言えるのではないだろうか。

■「悪知恵がすごい」と驚愕の声

この報道に対し、ネット上では「悪知恵がすごい」「次から次へと…」など、詐欺師たちの創意工夫に驚き、呆れる人が続出。

・悪知恵働く人ってすげえな。それ善意に向かないかなー向かないんだねー

・次から次と新しく人を欺ける知恵と労力、他に活用できないものか?

・少し前に代引きの荷物の詐欺の応用編かなぁ

・最初の息子からの電話を受けた時の対応が大事

■詐欺被害経験者は2割

(©ニュースサイトしらべぇ)

ちなみに、しらべぇ編集部で全国の男女20〜60代1,400人を対象に調査したところ、21.9%が「詐欺にあったことがある」と回答している。

今後、全国に被害が拡大していくとみられるこの手口。くれぐれも注意してほしい。

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年1月20日〜2017年1月22日
対象:全国20〜60代の男女1400名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)