マニアが教える「マズい100円回転寿司を避ける5つの方法」 寿司好きはぜひチェックを

『まずい100円回転寿司』を避ける5つの方法を紹介 『休日の遅い時間は避ける』など

記事まとめ

  • 『まずい100円回転寿司』を避ける5つの方法を回転寿司マニアである記者が紹介している
  • 開店してすぐの時間帯は、仕込んですぐの切りたてネタがのった寿司が食べられるという
  • 休日の遅い時間は店員が疲労して微妙な寿司が出てくることがあるので避けるべきらしい

マニアが教える「マズい100円回転寿司を避ける5つの方法」 寿司好きはぜひチェックを

マニアが教える「マズい100円回転寿司を避ける5つの方法」 寿司好きはぜひチェックを

マニアが教える「マズい100円回転寿司を避ける5つの方法」 寿司好きはぜひチェックを

(©ニュースサイトしらべぇ)

最近は100円回転寿司も増え、頻繁に通う人も少なくない。だが、ワクワクして寿司を食べに行っても、美味しくなかった経験はないだろうか。

そんな経験をしてしまった人のために、回転寿司マニアである記者が「マズい100円回転寿司を避ける5つの方法」をお教えしよう。

(1)開店してすぐを狙う

開店してすぐの時間帯は、商品が切れていることがなく、仕込んでからすぐの切りたてのネタがのった寿司が食べられる。

また、比較的空いているためピーク時にありがちな雑な寿司が出てくることもないため、もっとも美味しく食べられる時間なのである。

(2)オープンして間もない店を狙う

オープンして間もない店舗には社員の教育や売上増加目的で、その地区のエリアマネージャーが勤務していることが多い。そのため全体の統率が取れているので、クオリティの高い寿司を食べることができる可能性が高い。

(3)休日の遅い時間は避ける

休日はどうしても混雑するため時間を遅めにして行く人が多いが、それはNG。

休日の遅い時間は品切れのネタも多く、店員が疲労しているので微妙な寿司が出てくることがある。できるだけ早めに行ったほうがいいだろう。

(4)1人で行く

1人で行くと混雑している場合でもスムーズに入れることがあり、レーンの構造上店員が作りたての寿司を手に取りやすい。また、メニューには載っていないレア商品もゲットできる可能性が高まるので、なるべく1人で行くべきである。

(5)最初に汁物を頼む

最初から寿司を食べるのではなく、先に味噌汁などを注文しておくと、寿司を食べる合間に口をさっぱりさせることができるので、絶対に頼んだほうが良い。

汁物は少しだけ時間がかかるので、口が酸っぱくなってからだとやや遅いのだ。また、アチアチで来ることもあるため、多少冷ましてから飲むこともできる。

■ハズレに当たる人はぜひチェックを

以上がマニアが教える「マズい100円回転寿司を避ける5つの方法」である。「店を選ぶ方法じゃないのかよ!」と思った人はきっといると思うが、じつは同じ店でも時間帯によって大幅に味が違うのだ。

なぜならどの店も仕入れる素材は一緒なので、従業員の状況のほうが味を左右する場合が多いから。最近ハズレに当たることが多い人は、ぜひ気にかけてみてほしいぞ。

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男)

関連記事(外部サイト)