にゃんこスター・アンゴラ村長とIカップグラドル・天木じゅんが水着で大はしゃぎ

にゃんこスター・アンゴラ村長とIカップグラドル・天木じゅんが水着で大はしゃぎ

にゃんこスター・アンゴラ村長とIカップグラドル・天木じゅんが水着で大はしゃぎ

(©ニュースサイトしらべぇ)

25日放送の『極上空間 〜小さなクルマ、大きな未来。〜』(BS朝日)に、アンゴラ村長(にゃんこスター)とグラビアアイドルの天木じゅんが出演した。

2人は「納涼ドライブ」と称するドライブデートを敢行。話題のかき氷店やプールを訪れる。

■村長「芸人さんはいい人しかいない」

車を運転するのは村長。天木は助手席に着き、車内では2人きりのトークが繰り広げられた。両者ともにワタナベエンターテイメント所属の「同僚」ではあるものの、初対面に近いのだという。

にゃんこスターとしてキングオブコント準優勝を果たし、一夜にして人生が激変したという村長。放送翌日からいきなり街で声をかけられるようになり、「なんで知らない人から急に話しかけられるの?」と恐怖すら感じたと心境を語る。

その後テレビ出演などのオファーが殺到し、それまで視聴者として観ていた『エンタの神様』(日本テレビ系)や『アメトーーク!』(テレビ朝日系)にも出演することに。「自分が出るとは全く思っていなかった」と村長。

憧れの『アメトーーク!』収録時には、入り時間の3時間前から局近くの喫茶店で念入りにシミュレーションを行ったものの、本番では極度の緊張で何もできず「周りの芸人さんに救ってもらった。芸人さんっていい人しかいない」と感謝しきりだった。

■姉の背中を追い芸能界入りした天木

一方の天木は地下アイドル出身の来歴について語った。「4つ上にお姉ちゃん(黒田絢子)がいるんですけど、部活や高校もお姉ちゃんのマネばかりしていた」という。

その姉がアイドルになったことをきっかけに、当時高校2年生だった天木は「芸能界には私より年下ですでに売れている子がいる」ことに気づいて焦り始め、ネット検索で一番上に出てきたアイドル事務所のオーディションに応募。

これにすんなりと合格し、すぐさま上京。地下アイドルとして活動していたが、胸の大きさを買われて有名雑誌のグラビア仕事が舞い込むようになる。当初は大きな胸がコンプレックスだった天木も、高評価を受けることで次第に自信に変わっていったと語った。

■「家でのんびりするヒマがあったらSNS」

「テレビに出られるきっかけはSNSだった」と語る天木。ピコ太郎の『PPAP』が大流行していた際、これをまねた『POOP』というシンプルなパロディ動画を投稿している。

POOP#1mmでもいいなと思ったらRT#PPAP#ピコ太郎 pic.twitter.com/3x2bMHYmkP

— 天木じゅん (@jun_amaki) December 7, 2016

この動画が話題となり、女優・榮倉奈々の目に留まる。すっかり気に入ってしまった榮倉は、『しゃべくり007』(日本テレビ系)出演時に「今会いたい人」として天木を呼んだ。

これをきっかけに知名度を急上昇させた天木は、「テレビに出ていなくてもSNSならみんなの目に届くところにいられる」とSNSの力を確信。投稿に工夫をこらすことで毎日のようにネットニュースにもなると語り、「ニュースになることもすごく大事」だと力説した。

本日いよいよ22:59〜BS朝日「極上空間」オンエア!
実はこのロケから今日まで天木さんにきいたSNS活用術を実践してみたところフォロワーの方がこれくらい増えてくれました。゚(゚´ω`゚)゚。
人を数で言うのは忍びないですが天木さんの教えのスゴさをみてもらいたくて!
ぜひ見てください! pic.twitter.com/mZwzV1ICV2

— にゃんこスター アンゴラ村長 (@pupumumumu) August 25, 2018

■胸を揺らし縄跳びネタに挑戦

目的地の埼玉・東武スーパープールに到着すると、それまでの真剣トークモードは霧散。村長にとってはテレビ初披露となる水着姿で、天木と2人ではしゃぎ回る。

いよいよ明後日に迫ってきました!

??BS朝日「極上空間」22:59〜
天木じゅんさんとドライブでかき氷&プール!#1mmでもいいなと思ったらRT #1mmでも見たいなと思ったらRT pic.twitter.com/jUndYqh6zE

— にゃんこスター アンゴラ村長 (@pupumumumu) August 23, 2018

アンゴラ村長と天木じゅんとても目の保養だったので今後のゲストもまたこんな感じでやってほしいなぁー可愛い会話も可愛い

— ねぎとろ@三崎丼 (@negitoro888) August 25, 2018

アンゴラ村長の水着も衝撃的だが、運転してることもびっくり

— とよしゅう(マスクニート) (@toyoshu) August 25, 2018

アンゴラ村長のこのイモ臭い感じがなんともたまらん?

— なまらGT(米研ぎ中) (@Namara_GT) August 25, 2018

天木からグラビア向けのセクシーポーズを伝授された村長は、お返しにリズム縄跳びをレクチャー。村長がスーパー3助役となり、村長役を天木が担当してにゃんこスターのネタを再現した。

おなじみの大塚愛『さくらんぼ』に乗せて縄跳びをする天木。上下に激しく揺れるIカップバストに村長は大興奮で、「揺れてるー! 縄跳びよりおっぱい!」とミもフタもないせりふで盛り上げる。

「前振りの段階でこれなら、サビどうなっちゃうの? サビだよー!」とサビに入ると、お決まりの「跳ばなーい!」に続き「跳ばないし、揺れなーい!」というアレンジを加え、2人ならではのコラボネタを完走した。

(文/しらべぇ編集部・ナカニシキュウ)

関連記事(外部サイト)