憧れのYOSHIKIとセッションした盲目の少年 「演奏後の一言」が素敵すぎる

X JAPAN・YOSHIKI『24時間テレビ』にノーギャラ出演 盲目の少年とセッション披露

記事まとめ

  • 『24時間テレビ』(日本テレビ系)で、X JAPANのYOSHIKIが盲目の少年とセッションした
  • チャリティ目的の同番組のギャラ事情が話題になる中、YOSHIKIはノーギャラ出演を公表
  • 水卜麻美アナに手を引かれてステージに立った少年のコメントに、感動の声が上がった

憧れのYOSHIKIとセッションした盲目の少年 「演奏後の一言」が素敵すぎる

憧れのYOSHIKIとセッションした盲目の少年 「演奏後の一言」が素敵すぎる

憧れのYOSHIKIとセッションした盲目の少年 「演奏後の一言」が素敵すぎる

(画像はYOSHIKI公式Twitterのスクリーンショット)

生放送で様々な様々なチャレンジ企画が行われる『24 時間テレビ』(日本テレビ系)。

フィナーレが迫る26日の夜には、X JAPANのTOSHIKIが来日し、日本武道館で盲目の少年とセッションを披露した。少年の見事なドラム演奏と、演奏を終えた後に彼が語った言葉に、多くの反響が寄せられている。

■YOSHIKIがノーギャラで出演

YOSHIKIに憧れてドラムを始め、ドラマーになることを夢みる響希(ひびき)くんは、病によって両眼を摘出。今回、そんな響希くんとのセッションを実現するため、放送当日にアメリカ・ロサンゼルスから緊急帰国することも報じられ、放送前から大きな話題となっていた。

放送当日、チャリティを目的とした同番組の「ギャラ事情」がインターネット上で話題となっていることを受け、YOSHIKIは自身のツイッターにて、「番組の趣旨に賛同し、ノーギャラで出演している」ことを公表。

Just arrived in Japan from LA. 日本に到着!
これから #24時間テレビ に出演します。色々と意見をもらいましたが、今回、番組の趣旨に賛同しノーギャラで出演させて頂いています。
みんなと一緒に、少しでも人々に夢や希望そして勇気を与えることができれば。それだけです。応援してね! pic.twitter.com/EY0vkzTyK9

— Yoshiki (@YoshikiOfficial) August 26, 2018

YOSHIKIはこちらのツイートで…

「みんなと一緒に、少しでも人々に夢や希望そして勇気を与えることができれば。それだけです。応援してね!」

と、ファンに呼びかけた。

■プロ顔負けの演奏と「素敵すぎる一言」

響希くんは、日本武道館で見守られながら、1曲目にYOSHIKIにX JAPANの『紅』を演奏。2曲目には、YOSHIKIのピアノ生演奏に合わせて、『ENDLESS RAIN』をしっとりと演奏し、プロ顔負けの見事なドラム演奏に、会場からは盛大な拍手が送られた。

演奏を終え、水卜麻美アナウンサーに手を引かれてステージの中央に立った響希くんは、憧れのYOSHIKIとのセッションを終えた感想を求められると…

「憧れのYOSHIKIさんと一緒に演奏することができて、まるで音楽に包まれたような気がして、とっても気持ちよかったです」

と、キラキラとした笑顔でコメント。1人の少年の1つの夢が叶えられた瞬間に、会場は感動の渦に包まれた。

■「コメントも300点満点」と大感動

響希くんの見事なドラム演奏と、素敵なコメントに視聴者からは多くの感動の声があがっている。

ひびきくん、コメントが300点

— ひらめ?I'm ヤスダー (@downbylaw_ktcc) August 26, 2018

ひびきくんコメントも天才だな #24時間テレビ41

— えま (@jp_misty) August 26, 2018

ひびきくん、ほんとうにすごい!!コメントも素晴らしい!!

— ナシロ (@nsrg_y) August 26, 2018

ひびきくん 生セッション演奏もコメントも素晴らしかったよー!#24時間テレビ41

— march (@841sz_candy) August 26, 2018

音と向き合ってきたからこそ飛び出した、「音に包まれた」という芸術的な表現。彼のドラムへの情熱に、多くの視聴者がハートを熱くしたようだ。

■「夢を持てなくなった」大人は約4割

しらべぇ編集部が全国の20〜60代の男女1,368名を対象に「夢を持てなくなった」人の割合について調査を実施したところ、全体で42.3%の人が該当する結果に。

(?ニュースサイトしらべぇ)

年代別に見てみると、40代と50代が半数に迫る高い割合となった。

YOSHIKIも思わず感嘆の声をあげてしまうほど、見事なドラム演奏を披露した響希くん。彼が、プロのドラマーとして活躍する日が待ち遠しい。

(文/しらべぇ編集部・もやこ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年8月26日〜2016年8月29日
対象:全国20代〜60代の男女1,368名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)