ムロツヨシ、便意に襲われるも「トイレットペーパーきれた」 ツイート後の奇跡に反響

ムロツヨシ、便意に襲われるも「トイレットペーパーきれた」 ツイート後の奇跡に反響

ムロツヨシ、便意に襲われるも「トイレットペーパーきれた」 ツイート後の奇跡に反響

(画像はムロツヨシInstagramのスクリーンショット)

俳優のムロツヨシがツイッターで伝えた「緊急事態」と、それに対する同じマンションに住む人による手助けが話題になっている。

■近づく便意…トイレットペーパーがない事態

28日、ムロは「緊急事態発生」から始まるツイートを投稿。それは、「トイレットペーパーを切らしていることを忘れて帰宅してしまった」という内容だ。

にもかかわらず、「2分前、下腹部の中から、あのー出たいんすけどー、とお声かけされる」「いまから、トイレットペーパーを買いに行かねばならない」と、脂汗が滲んでいるであろう状況を報告している。

緊急事態発生
朝、トイレットペーパーきれた、ことを忘れて先ほど帰宅、
2分前、下腹部の中から、あのー出たいんすけどー、とお声かけされる、
今もなお、お声かけしてこられる、
そのお声に耳を傾けながら、いまから、トイレットペーパーを買いに行かねばならない、事態が発生、
こんばんわ、

— ムロツヨシ (@murotsuyoshi) August 28, 2018

■玄関のドアノブにかかっていたのは…

その後、ムロは、ツイッターに驚きの続報を更新した。投稿を見たのか、玄関のドアノブにトイレットペーパーが入った紙袋がかけられていたという。

ツイートには、「おそらく、同じフロアの方だっ!ありがとうございますっ!」と感謝の気持ちが綴られている。

げ、玄関にトイレットペーパーがっ!
ドアノブにトイレットペーパーが、紙袋に入ってっ!!
かかってた!
おそらく、同じフロアの方だっ!
ありがとうございますっ!
使わせて頂いて、
こんど、お礼伝えます、
フロアのどの方かわからないので、ピンポンできですが、
ありがとうございますっ、

— ムロツヨシ (@murotsuyoshi) August 28, 2018

ドアノブにトイレットペーパーが入った紙袋がかけられているということは、ムロのツイッターを見て、わざわざ買いに出かけたのだろう。「どの方かわからない」らしいが、同じマンションに住む人からの粋なはからいに感謝の言葉を伝えた。

■下腹部は静寂に包まれた

近隣の方の優しさに、「下腹部が静寂に包まれてます」と安堵している様子を明かすムロ。

さらに「ご近所づきあいできるマンションに住めて嬉しい限りです、貸せる醤油はいつも持ちたいと思います」と、ムロ自身もいつかどこかでこうした行動をとりたいようだ。

ご近所づきあいできるマンションに住めて嬉しい限りです、
貸せる醤油はいつも持ちたいと思います、

玄関での驚きで、
下腹部が静寂に包まれてます、

— ムロツヨシ (@murotsuyoshi) August 28, 2018

■過去に話題になったツイートも

一連の流れを知ったユーザーからは、「素敵な方が住んでるマンション」という声や「まさに原点回帰のツイッターの使い方」という声も挙がっている。

・ツイッターが日本で出始めの頃に「公共のトイレに入ったけど紙がない。助けて」というツイートから、巡り巡ってトイレットペーパーが無事に届けられたというエピソードがあったことを思い出しました。まさに原点回帰のツイッターの使い方ですね。

・ムロさん住んでるの知りつつ今まで、見てみぬふりしてたけど、ピンチになったらすぐ手助けするって凄い!物凄く素敵な方達が住んでるマンションですね。

・ムロさん、救われてよかった…笑 ご近所付き合いが疎遠になる世の中ですが、なんだかほっこりしました。

・リアルタイム感がすごすぎ!困ってるムロさんを放っておけなかったご近所さんの愛とツイート反射力に感謝ですね!

■若い世代は「ご近所付き合い」が希薄

しらべぇ編集部が全国の20代〜60代の男女1,365名に「ご近所と交流があるか」調査を行った。

(©ニュースサイトしらべぇ)

「交流がある」と答えた人はシニア層が多く、20〜40代は少ないことがわかる。近隣との接点が希薄になっている昨今。事件に発展する近隣トラブルも少なくないため、1人暮らしの女性を中心に、近隣との交流をしないように指導するケースもある。

助け助けられる、近隣同士で思いやりあえる時代は戻ってくるのだろうか。

(文/しらべぇ編集部・長谷川 瞳)

関連記事(外部サイト)