最終回へと盛り上がる『絶対零度』 上戸彩演じる桜木泉の登場シーンに注目

最終回へと盛り上がる『絶対零度』 上戸彩演じる桜木泉の登場シーンに注目

最終回へと盛り上がる『絶対零度』 上戸彩演じる桜木泉の登場シーンに注目

今夜9時より第9話が放送される『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』(フジテレビ系)は、夏クールのドラマの中でも話題作のひとつとして人気を集めている。

最終回へ向けたラストスパートを前に、本作の企画を担当したフジテレビ・稲葉直人氏に話を聞いた。

■出演者の代表作を作りたい

(画像提供:(C)フジテレビ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』)

シリーズ作品でありながら主人公が変わるという異色作だが、視聴率も好調で大きな支持を得ている本作。作り手として、反響をどう感じているのだろうか?

「Twitterやネットのコメント欄など見ると、すごく好意的に受け止めていただいて――今までのシリーズとは違う、主演も変わったということで、正直1・2話くらいの頃は『これは「絶対零度」じゃない』というご意見もありましたが、その先に大きく変えたことの意味が届くか? というのが大きな賭けでした。

それが第3話くらいから『これはこれで、おもしろいぞ』という評価に変わっていったので、その辺りから手応えが出てきましたね。でも僕の周りや会社は、おもしろいとか全然そんなこと言ってくれないんで…数字だけですかね、褒められるのは(笑)」

(画像提供:(C)フジテレビ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』)

ちょっとボヤいて笑わせつつ、今回は作品としての評価だけでなく、反響で嬉しいポイントもあるという稲葉氏。

「沢村(一樹)さんが役として演じる二面性の部分とか、本田(翼)さんのSキャラやアクションについて、みなさんが新たな魅力を感じていただいているのが、嬉しいですね。

沢村さんは飄々としながら、強い感情を見せるなど『男でも抱かれたいと思う』ほどカッコイイ(笑)ですし、本田さんはモデルのお仕事もされているので、本当はいけないんですが、アザを作りながらも積極的にアクションを取り組んでくださって…。

役者さんたちの魅力をどこまで引き出せるのか――というのが、僕たちの仕事でもあるし、常に出演者の方の『代表作を作りたい』という欲があるので、そこは非常に嬉しいし、手応えがあります」

■実現できることとリアル感の差

(画像提供:(C)フジテレビ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』)

未然に犯罪を防ぐというテーマで、ミハンが違法捜査にも手を染める中、柄本時生が演じる南彦太郎のハッキングは、かなりの活躍を見せている。

「通信傍受法や盗聴・盗撮に関する制限がありますが、海外の捜査ではもう当たり前にできるようになっていることが、日本の警察ではできない。その中でハッキングスキルを持っている南は、スーパーマンになってしまう部分もあるんだけど、前提として“オンライン上にあるもの”にしかアクセスできない縛りを作っています。

そうでないところまでアクセスできるようにしてしまうと、現実味を感じてもらえなくなってしまう――また、海外の顔認証システムを使った捜査では、スタジアムなど何万人もの観客がいる中で、あっという間に犯人を見つけ出せる状況がすでにあります。

実現化されていることなのですが、今の日本のテレビドラマで描くと、SF的で“ありえない”という風に捉えられかねないので、そういう要素は控えめにすることで、リアルに見えるラインから外れないようにしています」

(画像提供:(C)フジテレビ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』)

実際にはできることでも、観る側の感覚を考えてドラマを描く――そうした演出もまた視聴者の支持に繋がっている部分がありそう。

「序盤から横山(裕)さんが演じる山内(徹)のセリフで『違法捜査じゃないですか』と言ったり、5話で近藤公園さんが演じた川上(邦明)が指摘したりなど、あくまで違法捜査ということは“わかってやっている”というのを出していますね」

その違法捜査への自覚を繰り返すところも、“実際に警察官が違法捜査するとしたら、こういう葛藤はあるよな”と感じさせる展開のひとつだ。

■謎の制裁人・田村の伏線

(画像提供:(C)フジテレビ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』)

これまでのストーリーの中で大きな衝撃を与えたのは、平田満演じる田村薫が「謎の制裁人」だったことと、その死。

「制裁人が田村というのは意外性もあったのか、伏線が張られていないと思われた方もいたようなのですが、『すいません』といった贖罪に端を発する田村の口癖を中心として、セリフや表情でのお芝居に周到に伏線は張り巡らせていました。

そして制裁シーンは全て、実際に平田さんが演じているので、わずかに映っている手や足元など、パーツで分かった人もいたかもしれませんね。

第6話で田村がああした死に方をすることは、最初から決めていました。田村が制裁人だったことが明らかになって、死ぬ――ここには相当な最終回っぽさがありましたよね。でもこれを9話とかまで引っぱらずに、このタイミングでやりたかったのには、出し惜しみせずに攻めた作りをしたかったというのもありますが、ほかにも理由があるんです」

■生きていた桜木泉

(画像提供:(C)フジテレビ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』)

シリーズ前作までの主人公は、上戸彩演じる桜木泉。今作でも序盤に登場し、ストーリーの中ではベトナムで焼死体となって発見されたが、「じつは生きているのでは?」と考えていた人も多かった。

「8話のラストで、北大路欣也さん演じる長嶋(秀夫)が電話で話していて『これからお前は、どうするつもりなんだ? カメ』と言うことで、桜木が生きていたことがわかりましたし、予告映像にも登場しました。

第9話で再び桜木が登場する――そこから逆算して、田村が死ぬ6話までが第一章で、第7話からが第二章という位置付けにした形です。今回の桜木の登場シーンはかなりインパクトがあるので、視聴者のみなさんにも盛り上がっていただけるんじゃないかと思います」

少しだけどんなシーンになるのかを聞き出した限りでも、“それはカッコイイ! ドキドキする!”という感じで、実際に観るのが楽しみでならない。

(画像提供:(C)フジテレビ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』)

ミハンを作った東堂定春(伊藤淳史)をはじめ、それぞれ犯罪によってつらい過去があるメンバーたちの今後に加え、そこに桜木がどう絡んでいくのかも気になるところ。

「ミハンは違法捜査など、『正義か悪か』ではなく『正義か正義じゃないか』という葛藤があって、犯罪者を守る場面など“どっちに行っても地獄”という面があります。日常にもあるモヤモヤややりきれなさに通じるというか、それでも人間は生きていくしかない。

桜木の残していたノートに井沢の名前がありましたが、二人には面識はないものの、過去の事件で繋がっています。そこには東堂のまだ描かれていない過去も関係していて――第1話からこれまでの伏線が、最終回には一気に回収されるので、楽しみにしてほしいですね」

井沢と桜木の接点はどこにあったのか、東堂の明かされていない過去には、一体何があったのか…。ラストへ向けてさらに盛り上がる今夜の第9話、桜木がどんな登場を見せるのかにも、大きな注目が集まりそうだ。

《これまでに配信した『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』記事一覧はこちら》

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ)

関連記事(外部サイト)