『ゼロ』間宮祥太朗がついに善人役に? 予想外の「ツンデレ」に悶絶の声相次ぐ

『ゼロ』間宮祥太朗がついに善人役に? 予想外の「ツンデレ」に悶絶の声相次ぐ

『ゼロ』間宮祥太朗がついに善人役に? 予想外の「ツンデレ」に悶絶の声相次ぐ

『ゼロ 一攫千金ゲーム』

ジャニヲタ歴30年ライター、ナンシー関ヶ原です。

NEWS加藤シゲアキくん主演『ゼロ 一獲千金ゲーム』で、ゼロに反抗するセイギを演じてきた間宮祥太朗くんでしたが、昨夜放送の第8話ではゼロを応援して仲間になるシーンがあり、話題になっています。

また、加藤くんのちょっとした仕草にもファンが歓喜。さっそく見てみましょう。

■ペンのキャップをくわえて吐き出すゼロに歓喜の声

第8話のあらすじは、こんな感じ。

「ゼロ(加藤シゲアキ)のリングは2つになった。あと2つ…。そんな時、ゼロについて行けば確実にリングが獲れるからと、末崎(ケンドーコバヤシ)が、21人参加のゲーム「魔女の館」の挑戦者を勝手に集めてしまった。そんな他人任せの挑戦者達にゼロは不安を覚える。

(中略)

兵士が壁に描かれた部屋。その中央に立つ魔女像が、耳障りな高笑いと共に、峰子(小池栄子)の声で話し出す。「捕らわれの21人が、生きて出る方法はただひとつ。この部屋にかけられた魔女の呪いを解くこと」

そのためには部屋に隠された「見えない数字」を解く必要があった。数式の計算には全員の協力が必要。しかしついて行けない挑戦者はゼロを信用出来ずに反乱を起こす」(公式サイトより一部引用)

今回のゲームは数学です。ルート2の概数「1.41421356(一夜一夜に人見ごろ/ひとよひとよにひとみごろ)」を覚えている人はいますが、6の後に続く二桁の小数が解答だとゼロは気付きました。

計算機のない会場なので、みんなで紙とペンで筆算をして答えを導き出そうとゼロは提案します。

■ゼロの仕草に胸キュンするファン

解答への制限時間が迫る中、床に紙を置いたゼロは急ぎペンのキャップを口に加えて吐き出しました。この姿を見たファンからは…

「キャップ口で開けちゃうゼロ、恋に落ちそう…」

「キャップを甘噛みする白い歯がいい」

「ペッて吐き出すの、かわいいいいい」

といった声があがりました。

■ゼロに協力するセイギとユウキが尊い

みんなで筆算をして、一番多く解答された数字なら確実に正解だと考えるゼロ。会場にいた多くの人々は、なぜ「ルート2」が答えになるのかわからない中、ゼロに言われるがままに筆算をし始めました。すると、6の次に出てくる小数は「2」だとゼロが導きだします。

筆算ばかりさせられ不安になった人たちからは「本当に2が正解なのか」といった声があがり、会場の空気は悪くなる一方。すかさずセイギは「そんな簡単に正解は出ないんじゃねーか?」とゼロに嫌味を言います。

そして、セイギとユウキ(小関裕太)はゼロとは違った方法で計算。その結果、セイギとユウキの答えとゼロの答えが一致し、会場は一気にゼロを信頼するムードになりました。

セイギとユウキはゼロに背中を向けていましたが、そっと振り向きました。セイギはニヤリと微笑み、ユウキは舌を出したのです。

ふたりがゼロを疑うそぶりを見せたのはフェイクでした。ゼロを疑う立場から計算の結果を出すことで、ゼロが正しいことを証明してくれたのです。

■ツンデレに悶絶

このシーンを見た視聴者からは…

「セイギとユウキが悪役を買って出て協力する姿がたまらない」

「セイギはいつのまにかゼロを信頼しまくってる! 尊い」

「セイギとユウキのツンデレかわいすぎる! デレ要素が増えてきていい」

「間宮くん、朝ドラの役もひどかったし嫌いになりかけたけど、一気に好きになった!」

といった声があがりました。

次回は標とゼロの直接対決。セイギとユウキはもっとゼロに協力してくれるんでしょうか。楽しみです!!

(文/しらべぇ編集部・ナンシー関ヶ原)

関連記事(外部サイト)