辻希美も該当? 「炎上タレント」がわざとやっていると思う瞬間4選

辻希美も該当? 「炎上タレント」がわざとやっていると思う瞬間4選

辻希美も該当? 「炎上タレント」がわざとやっていると思う瞬間4選

(OlgaMiltsova/iStock/Getty Images Plus)

4日、『踊るさんま御殿』(日本テレビ系)に辻希美が出演。自身のブログが度々炎上することについて「叩かれやすい」「バッシングされることは度々ある」などと語った。

彼女のようにネットやTV番組で発言が炎上するタレントは数多い。中には、「狙ってわざとやっているのでは?」と思ってしまうことも。

■炎上タレントはわざとやっている?

しらべぇ編集部では全国の20代〜60代の男女1,329名に、「炎上タレントはわざとやっていると思う」かどうか調査を実施。

(©ニュースサイトしらべぇ)

結果、「わざとやっていると思う」と答えた人は67.8%。かなり多くの人が、故意性を感じているのだ。

避ける方法もあるはずなのに、度々炎上し注目を集めている「炎上タレント」たち。「わざと」と取られても仕方がないのかもしれない。

■わざとやっていると思う瞬間4選

炎上タレントが「わざとやっている」と思う瞬間はどんな時なのか。複数の人に聞いてみた。

(1)しつこい幸せアピール

「Instagramなどで家族の写真など、幸せをアピールして叩かれたのに、しつこく同じような写真を公開する人。『これを出せば炎上するな』ってことくらい、わかると思うんです。

それを敢えて出すわけですから、わざととしか思えない」(30代・女性)

(2)過激な政治思想

「過激な政治思想をSNSなどで展開するタレント。論理的には正しいのかもしれませんが、当然異論を唱える人も多く、毎回炎上している。

そんな発言の影響で、テレビに出られなくなったタレントもいますよね」(40代・男性)

(3)老害コメンテーター

「過去の栄光をバックに若者を叩くコメンテーター。昔は凄かったのかもしれないが、今じゃただの老害です。

むやみやたらに苦言を呈すれば炎上するとわかっているのにそうする。それで注目を集めているだけにわざとかなと」(40代・男性)

(4)喧嘩腰な投稿

「一度意図しない炎上をしたあと、なにかとネットユーザーに喧嘩を売るような投稿を繰り返す人。これはもうわざとでしょう。

とくに既婚タレントが独身女性に喧嘩を売るような感じは炎上しやすい。それでアクセスを稼いでいるとしか思えない」(20代・女性)

実際、炎上タレントがわざとやっているのかどうかは不明。しかし、世間は意図的と感じている人が多いようだ。

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年7月13日〜2018年7月17日
対象:全国20代〜60代の男女1,329名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)