劇団ひとりに「認知症リスク」が発覚し視聴者騒然 「ガチでヤバいヤツ」

劇団ひとりに「認知症リスク」が発覚し視聴者騒然 「ガチでヤバいヤツ」

劇団ひとりに「認知症リスク」が発覚し視聴者騒然 「ガチでヤバいヤツ」

(画像は劇団ひとり公式Twitterのスクリーンショット)

歳を重ね、名前が出てこないなど「物忘れ」に苦心する人は少なくない。

4日放送『目指せ! ケンコウ芸人』(テレビ朝日系)では、40歳以上の芸人が集結し健康に関する悩みを吐露。その中で劇団ひとり(41)が明かした、物忘れエピソードが衝撃的だと話題になっている。

■10人全員が「物忘れ」に悩み

「笑いより健康が気になる芸人が集まる診療所」として、40歳以上の芸人たちが普段抱えている健康の悩みを初告白する同番組。そのカミングアウトを名医が診断、「問題あり」かどうかを判定していく。

30歳ごろをピークに脳が縮小することで起こりやすくなる「物忘れ」だが、症状によっては「認知症」のリスクもあるという。

松嶋尚美(46)が「顔はわかるけど名前が出てこない」と悩みを吐露すると、10人の芸人全員が賛同。千原ジュニア(44)は「別所哲也さんの名前が3回連続で出てこなかった。けど逆に覚えた」とエピソードを披露し、各芸人も口を開き始める。

■劇団ひとりに認知症リスク

その中で劇団ひとりは「映画とか1時間くらい見てやっと『見たことある』って気づく」と熱弁。

さらに「USJでショーに感動し妻に『すごいね、興奮したよ』と報告したが、それを見たのが3回目で感想も同じだった」と明かし、妻から指摘された後も「そういえば見たかな、ぐらい」とほぼ忘れていたと告白する。

名医の診断によると、名前や単語が出てこないのは「正常な老化の過程」であり、松嶋やそのほかの芸人には問題はない。しかし、感動したエピソードは最後まで忘れないにくいものなのに、それを忘れていた劇団ひとりには「認知症のリスクがある」と注意喚起。

劇団ひとりは「怖い。怖いけどこの感情も忘れる」と認知症への恐怖を感じながらもスタジオを爆笑させた。

■視聴者は驚愕

劇団ひとりのエピソードだけ、物忘れの域を超えていたのは明らか。視聴者も大きな衝撃を受けたようだ。

劇団ひとりさん、笑ってるけどやばいから。

— 金の(?????)☆W杯現地参戦 (@soccer_KOMORI) September 4, 2018

やっぱり。劇団ひとりの症状はガチでヤバイやつやん。#目指せ !ケンコウ芸人

— 笑ってください (@jiosiociotio) September 4, 2018

待ってて!!!
劇団ひとりの意見めっちゃわかる!!!
常にコナン忘れる!!!
なので毎回見た記憶はあるのに犯人だけわからない#目指せケンコウ芸人

— ちる改め「ちると」です (@___chiru516___) September 4, 2018

■57.8%が「脳の老化」を実感

しらべぇ編集部で全国20〜60代の男女1,363名を対象に調査したところ、全体の57.8%が「昔より頭の回転が悪くなっている」と回答した。

(©ニュースサイトしらべぇ)

歳をとり脳や身体が衰えていくのは仕方のないこととはいえ、20代でさえ「老化」を感じはじめ、40代以上は過半数が衰えを実感している。

番組では対処法や予防法も紹介していたが、劇団ひとりのように物忘れで済ませられない状況に陥る前に、自分の身体や脳と向き合う必要があるだろう。

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年2月24日〜2017年2月27日
対象:全国20代〜60代の男女1,363名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)