嵐の記事が図書館で大量に切り取られる 犯人はファンか転売屋かの「名推理」に拍手

嵐の記事が図書館で大量に切り取られる 犯人はファンか転売屋かの「名推理」に拍手

嵐の記事が図書館で大量に切り取られる 犯人はファンか転売屋かの「名推理」に拍手

(demaerre/iStock / Getty Images Plus/写真はイメージです)

愛知県安城市の市図書情報館が、所蔵する雑誌から人気アイドルグループ「嵐」の記事を大量に切り取られる被害に遭ったと発表した。インターネット上では、犯行がファンによるものなのか、それとも転売屋によるものなのかを推理するコメントが出るなど、注目を集めている。

■被害額は3万3,990円相当

報道によると、切り取られたのは女性誌『MORE』『non-no』『with』『an・an』の2015年1月号〜18年5月号の期間に発行された計50冊の計332ページ。

『MORE』の連載「二宮和也のIt(一途)」など、嵐のメンバーが登場する記事がページごと切り取られていた。被害額は3万3,990円相当だという。

雑誌を借りた人からの指摘で、1日に被害が発覚。同館では、2階雑誌コーナーや4階の公開書庫で3年分の雑誌を自由に閲覧でき、借りることもできる。市は「所蔵雑誌は市民の共有財産。再発防止に努め、今後、管理の徹底を図りたい」としているとのことだ。

■迷惑行為に怒りの声が相次ぐ

今回の報道を受け、女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』では怒りの声が続出。「みんなが迷惑をする」「見も心も貧しい」といったコメントが寄せられている。

「こーゆーのがいるから迷惑が広がる。自分の住んでるところは基本雑誌の閲覧は自由なんだけど、嵐の掲載誌(掲載号)に関しては現物を棚に置いてない。カードが棚にあって図書館の利用カードと一緒に窓口に持って行って借りるスタイル。非常に面倒なのだが仕方がない」

「一部の非常識な人のせいでみんなが迷惑する。嵐の裏側のページが見たかった人もいるだろうに…。レシピとか占いとかさ」

「近所の図書館も切り抜きが多くて、雑誌の購入辞めるって言ってる。1人(かどうかは知らないけど)のせいでみんなが迷惑するんだよね。まあそんなことする人は身も心も貧しい人だよね。こういうことは巡り巡って自分に返ってくると思うし、やめたほうがいいのにな〜」

■「犯人はファン」だと説得力ある意見も

また、掲示板では今回の事件の犯人が「嵐ファン」「アンチ嵐ファン」「転売屋」のいずれかであると予測。なかには、「自分がオタクだからこそ、犯人は嵐ファンだと思う」という推理をする人も見られた。

「ファンか転売目的かはわからないけどなんでやるかな? 嵐を悲しませて嵐ファンの評判を落としてどうするの? そんなに欲しかったら、買うか嵐のページはいらないよって人からもらえばいいのに」

「嵐ファンのせいにしてる人いるけど、犯人が嵐ファンって証拠あるの? ほかのオタが嵐ファンのイメージ悪くするためにやったかもしれないじゃん」

「自分がヲタで収集癖があるから思うけど、転売目的なら雑誌ごと持っていくよ。嵐じゃなくたってほかの掲載タレント目的でもいいから、『高く売れればいい』んだもん。自分推しのタレントの掲載部分だからこそ、キレイに切り取って持ち帰るんだと思う」

■オタクに魅力を感じる人の割合は?

しらべぇ編集部では以前、全国20〜60代の男女1,348名を対象に「オタク」についての調査を実施。その結果、全体の23.4%の割合の人が、「普通の人よりオタクのほうが魅力があると思う」と回答していた。

(?ニュースサイトしらべぇ)

今回、大量に記事を切り抜いた犯人は「ファン」なのか「転売屋」なのか。もしも、ファンによる犯行であるならば、それが嵐のイメージを落としかねない行為であることを犯人は理解すべきだ。

(文/しらべぇ編集部・音無 まりも)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年8月25日〜2017年8月28日
対象:全国20代〜60代の男女1,348名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)