広島カープの愛されベテラン・新井貴浩が引退 非難のFAから出戻り、優勝に貢献

広島カープの愛されベテラン・新井貴浩が引退 非難のFAから出戻り、優勝に貢献

広島カープの愛されベテラン・新井貴浩が引退 非難のFAから出戻り、優勝に貢献

(©ニュースサイトしらべぇ)

プロ野球・広島東洋カープの新井貴浩内野手が5日、今季限りでの現役引退を発表した。プロ20年目の節目でバットを置く。

豪快なバッティングと天然キャラで幅広い層から愛された「平成のミスター赤ヘル」。2016年には黒田博樹氏とともに中心選手としてチームをけん引し、25年ぶりとなるリーグ優勝に貢献した。

■地道な努力でカープの4番に

新井は広島県出身の41歳。広島工業高校、駒澤大学を経て、1998年にドラフト6位で広島へ入団した。長打力に光るものを持ちながら技術の荒さが目立った若手時代は、「新井じゃなくて『粗い』やな」などとコーチらから揶揄された。

しかし、元来の真面目な性格もあり、地道な練習を重ねて順調に成長。山本浩二氏が監督(第2次政権)に就任した2001年には、三塁手としてほぼレギュラーに定着する。

2002年にはオールスターゲームにも出場。2003年からは、フリーエージェント(FA)で阪神タイガースへ移籍した金本知憲(現阪神監督)の後を継ぐ形で4番に座る機会も増えていった。

2005年には打撃力が完全に開花。初のシーズン打率3割越えをマークし、43本塁打でホームラン王にも輝く。数字だけでなく、勝負強さの光る印象的なバッティングでファンの心を捉えた。

明るい性格でチームのムードメイカーとしても知られており、ヒーローインタビューで垣間見える温和な性格や、本人の意図しないコミカルな動作などでも多くのファンから愛された。

■「カープが好きだから」涙のFA

そんな新井は2007年オフ、FA権の行使を宣言する。記者会見では大粒の涙をこぼしながら「カープが大好きだから(この決断は)つらかったです」と話し、大きな話題となった。

なお、同年には当時エース投手だった黒田氏もFA移籍で渡米している。広島はエースと4番を同時に失い、1991年を最後に16年間(当時)優勝から遠ざかっていたチームは、さらなる苦境に立たされることとなった。

そして新井は、敬愛する金本を追いかける形で阪神タイガースへ移籍。広島時代から2人の固い師弟関係はよく知られており、広島ファンからは「金本と新井は裏切り者じゃ」などと非難された。

移籍当時はレギュラー選手としてそれなりの活躍を見せた新井だったが、次第に不振に陥っていってしまう。2010年にキャリアハイの.311という打率を残したが、これを最後に.250前後へと低迷。

出場試合数も激減した2014年オフ、阪神球団に自ら自由契約を申し入れ、了承された。

■出戻り選手にまさかの大声援

これまでの歴史において、FAで広島を去った選手がチームに帰ってきた例はない。新井はその初めてのケースとなり、「ファンからはブーイングを受けても当然」と覚悟していた旨を当時語っている。

しかし、いざマツダスタジアムで代打・新井がコールされると、スタンドからはまさかの大声援。「新井、おかえりー!」の声が四方八方から聞こえたと言い、新井は感動のあまり「今後のプロ人生は自分のためではなくファンのために」と心に誓った。

チームメイトの丸佳浩らからも「新井さん、どの面下げて帰ってきたんすか」などといじられたそう。その丸は、のちにお立ち台でも「助っ人外国人の新井選手が頼りになるんで」と発言するなど、たびたびネタにしている。

また、奇しくもこの2015年は黒田氏が日本球界に復帰した年でもある。渡米当時から「引退はカープで」と明言していたが、これを有言実行した形だ。世間では、その「男気」が話題となっていた。

そんな黒田氏の影でひっそりと広島に帰ってきた新井であったが、その存在感が際立つまでにはさほど時間はかからなかった。

■クビになったベテランが大活躍

「右の長距離砲」を補強ポイントとしていた広島にとって、新井の存在はあくまで「保険」に過ぎなかった。のちに「神ってる」で話題となる鈴木誠也が台頭しつつあり、アントニオ・グスマンという新戦力も獲得していた。

首脳陣としては、彼らを軸に考えていたはずだ。彼らがケガや不振に陥った場合に備えて、「多少は使えるかもしれない」コマとして新井を置いていた。よって、当初は代打起用がメインになるだろうと見られていたのである。

しかし実際にグスマンが故障すると、4月7日の読売ジャイアンツ戦(マツダ)で、緒方孝市監督は新井を「4番一塁」でスタメン起用。これもあくまで「その場しのぎ」の人事だったはずだが、この新井がまさかの大活躍を見せることになる。

いつしか4番にはすっかり新井が定着し、オフには背番号を前所属時代と同じ「25」へ戻すことに。翌2016年4月26日にはNPB史上47人目となる通算2,000安打を達成し、「新井の2,000本安打をカープで見られるなんて夢にも思わなかった」とファンを狂喜させた。

阪神をクビになったも同然の形で古巣に拾われた40歳近いベテラン選手が、堂々と4番打者として君臨する姿など、当時は誰も想像できなかった。

■悲願のリーグ優勝

そして迎えた9月10日、読売ジャイアンツ戦(東京ドーム)。広島はこの試合に6−4で勝ち、じつに25年ぶりとなるリーグ優勝を果たした。

歓喜に沸く広島ナインは、グラウンド上でもみくちゃに。中でも印象的なシーンは、黒田氏がチームメイトたちをかき分けて新井の姿を探し、自ら熱い抱擁を交わしにいった場面だろう。

あまり感情を表に出さないタイプの黒田氏が、長年苦楽をともにした新井とこの場でどうしても喜びを分かち合いたかったのだ。2人のベテランが抱き合って号泣する姿は、プロ野球史に残る名場面と言っていい。

ともに広島を愛し、暗黒時代と呼ばれた低迷期を耐えてきた2人。「広島で優勝したい」という見果てぬ夢を追って偶然同じ年に復帰し、在籍するだけではなく戦力として悲願の優勝に貢献した。

クールな黒田氏が人目も気にせず新井と抱き合って涙したことには、それだけの理由があったのだ。

■「新井さんはまだやれる」

今季は主に代打としてベンチに控える新井。4番には鈴木が定着し、一塁手は定まっていないものの、松山竜平やサビエル・バティスタ、安部友裕らが起用されるケースが多い。

しかし、ここ一番という場面での「代打・新井」は相手チームにとって脅威だ。とくにマツダスタジアムでは、新井の名前がコールされるだけでスタンド中から大歓声が巻き起こる。相手投手にとっては、これが大きなプレッシャーとなっているはずだ。

打席数が少ない中でも4本塁打を放っており(9月4日現在)、ファンからは「まだまだ引退するような選手じゃない」「現役感がすごい」「あと5年はやれる」といった声が後を絶たない状況だ。

新井さん引退悲しすぎる・・・これはもうカープが日本一になるフラグが立ったと思うしかない。

— ザ・ギース尾関 (@geeseojeck) September 5, 2018

新井さん……まだやれるじゃろ……(´;ω;`)

— うえむらちか@鯉スル乙女配信中♪ (@UemuraChika) September 5, 2018

新井選手が打席立つと皆立って大声援を送る。本当に新井選手て愛されてるよねーって周りの方々がおっしゃってて、心の中で「うんうん??」て思って笑顔になった先日の神宮。小さな頃からの色んな想い出があるな。。まだまだ活躍を見たかったので残念です?
日本一なりたいな。 pic.twitter.com/YQZwWoFawV

— 天野恵 (@kei_amano) September 5, 2018

日本一になるしか…ない!! https://t.co/K6yDtk1bAb

— 麻生夏子 (@natsukoaso0806) September 5, 2018

広島は球団初のリーグ3連覇を成し遂げ、悲願の日本一に輝いて新井の引退に華を添えることができるだろうか。広島は現在リーグ1位で、優勝マジック「12」が点灯中だ。

(文/しらべぇ編集部・ナカニシキュウ)

関連記事(外部サイト)