ヒロミ、千鳥・サンドウィッチマン・三四郎らに嘆き 「最近の芸人は真面目すぎる」

ヒロミ、千鳥・サンドウィッチマン・三四郎らに嘆き 「最近の芸人は真面目すぎる」

ヒロミ、千鳥・サンドウィッチマン・三四郎らに嘆き 「最近の芸人は真面目すぎる」

(画像はヒロミオフィシャルブログのスクリーンショット)

10年近くテレビ業界から離れ復帰、再ブレイクを果たしたヒロミ(53)が、5日深夜放送『イッテンモノ』(テレビ朝日系)に出演。

千鳥、サンドウィッチマン、三四郎、スピードワゴンら、今をときめく芸人らに「今と昔の芸能界の違い」を熱弁。「真面目すぎる」と苦言を呈した。

■ヒロミ「ワガママになれ」

「僕らの若いころと違って(芸人に)いい子が多い。君たちはカンペ通りに従う傾向がある」というヒロミの嘆きを受け、この日は台本・カンペなしで番組が進行する。

ヒロミはまず、サンドウィッチマンや千鳥に向け、「自由にやった方がいい、ワガママになったほうがいい。君たち好感度が良すぎる。君たちに負けてるのは好感度だけ」と本心を吐露。自分たちの世代と今の芸能界の違いを語り始めた。

■大悟も現況に嘆き

ヒロミが活躍したのは、とんねるず、ダウンタウン、ウッチャンナンチャンらが20代でお笑い界をけん引していた時期。当時は接点があまりなく「50歳を過ぎて、共演するだけで周囲が騒ぎ立てる」とヒロミは笑う。

昔の芸人は無断欠席も多く「メチャクチャだった」とヒロミ。遅刻しても「先にキレる」ことで周囲は何も言えなくなると千鳥らに教え、「休め休め」と発奮する。

世の中が芸人にキツくなってることを嘆く千鳥・大悟(37)にヒロミは「芸人に正しさを求めるのかわいそう」と同情。大悟は「僕らはギリギリ犯罪者にならなかっただけ」と芸人に正しさを求める風潮に苦言を呈した。

■視聴者からは賛否

おおらかな時代に活躍したヒロミに今の芸人らはある種の憧れを抱いているようだった。視聴者もそれを感じているようだ。

やっぱヒロミはすげーわ#イッテンモノ

— thyele (@thyele) September 5, 2018

千鳥とかサンドイッチマンとかがヒロミに昔の芸能界について聞いてる姿が、今の学生が昔の学生の自由でやりすぎで破天荒なことやっちゃってた姿に憧れてるような、キラキラした目でいいないいなってそういうことだよな〜って聞いてるのを見て胸がキュってなって時代に縛られてるのは学生だけじゃない

— アンパンマン@パン工場 (@anpanman_jamuo) September 5, 2018

ヒロミってそりゃ、
干されるってわけじゃないけど、
テレビ出れなくなったのしょうがないよなこれじゃ。

今は丸まったって言うけど、
時代って全然違うなやっぱ。

— 4日福岡、展示会 (@sznamrnme) September 5, 2018

昔ってすごいなあ…良くも悪くも全てがデフォルメされてるというか #イッテンモノ

— ぶん (@gggawrsh) September 5, 2018

しかし反面、ヒロミの態度に「偉そうでウザイ」「飲み会のうっとおしい上司」「昔の武勇伝語るおっさん」など、嫌悪感を覚えた層もいた。

■2割は「過去の自慢話を語りがち」

しらべぇ編集部で全国20〜60代の男女1,348名を対象に調査したところ、全体の20%が「人生の絶頂期だった頃の話をよくしてしまう」と回答した。

(©ニュースサイトしらべぇ)

ヒロミの場合は周囲が「聞きたい」と望んでいるのもあり、リップサービスの意味も込めて「過去の栄光」を語ったのだろう。

周囲が望んでいるなら別だが、聞いてもいないのに過去自慢をする人も少なくない。「ウザイ」と思われてしまわないよう願うばかりだ。

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年8月25日〜2017年8月28日
対象:全国20代〜60代の男女1,348名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)