ブルゾンちえみ、災害時の「心配してます投稿」に疑問 「ほんとそれ」と共感が相次ぐ

ブルゾンちえみ、災害時の「心配」投稿に疑問 具体的なアドバイスにネット民も共感

記事まとめ

  • ブルゾンちえみが、スマホやSNSの使い方、情報との向き合い方について投稿し話題に
  • ブルゾンは北海道地震を受けて、「自治体が正しい情報を出すのを待って」とアドバイス
  • 「インスタはバッテリをめちゃ食うからやめときな!!」とも助言し、ネット民は共感

ブルゾンちえみ、災害時の「心配してます投稿」に疑問 「ほんとそれ」と共感が相次ぐ

ブルゾンちえみ、災害時の「心配してます投稿」に疑問 「ほんとそれ」と共感が相次ぐ

ブルゾンちえみ、災害時の「心配してます投稿」に疑問 「ほんとそれ」と共感が相次ぐ

(©ニュースサイトしらべぇ)

タレント・ブルゾンちえみが6日、自身のインスタグラムを更新。

北海道地震を受けて、スマートフォンやSNSの使い方、情報との向き合い方について投稿し、話題になっている。

■「心配してます」は気軽に使えない?

ブルゾンはインスタグラムのストーリー機能を使い、「SNSで『心配してます』と言わないと心配してることにならないのかい? みんな被災地を心配する気持ちは同じじゃないか?」と投稿。

地震が報道され、芸能人たちが相次いで「心配してます」との声をあげているが、「『心配してます』という言葉を気軽に使えないのよ。何も解決策が見つかってない状況の時は」と自身の考えを展開する。

西日本豪雨のときは情報を発信していたブルゾンだが、今回については土地勘がなく判断できないことを理由に「全く情報がありません」「少しでも情報を回していただけたら幸いです」と悩む北海道民に「いろんなSNSを見るよりも、自治体が正しい情報を出すのを、少しだけ待った方がいいと思います!」とアドバイスしている。

■インスタも「やめときな!」

また、スマホの使い方についても「あまり無駄な充電は使わぬよう」と呼びかけ、インスタグラムについても「とにかくインスタはバッテリをめちゃ食うから必要以上に開くのはやめときな!!!」と訴える。

さらに、被災地以外の人についても「知人の安否確認も必要なのはわかりますが、必要以上にするのはやめときましょう。受信するだけでも相手の充電を食います」と注意を促す。被災した人たちが「情報がない」と悩んでいるように、スマホの充電の大切さを語った。

■「共感しすぎる」「同感」の声

「心配してます」という言葉だけではなく、具体的なアドバイスから、ときには厳しい言葉で注意を促すブルゾン。ネット上では「ほんとそれ」「ごもっとも」と共感の声が相次いでいる。

・共感しすぎる。大丈夫ですか? ととりあえず投稿しといて普通の投稿するひとたくさんいるしな(笑)

・「〇〇の方大丈夫?」系ツイを批判したいわけでは全くないけど、正直これにすごく同感。大丈夫? と言ってもらえるだけで励まされるという方もいるので賛否両論だろうけど。そして、その後にすぐ被災地の情報発信に努めるとこ含めてほんとブルゾンちえみ好き

一方で「心配してます」という声があるだけで支えになるとの意見も。

・この投稿は被災者としては悲しい。誰かに言われたから反論してるんやろうけど、正直普段通りの投稿してる人には深刻度合いが伝わってないんかな? と思うし、大丈夫? ってひと言言ってもらえるだけで安心する

■ネットで見た情報をすぐに信じる?

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,365名に「ネットの情報」について調査したところ、約2割が「すぐに信じるほうだ」と回答した。

(?ニュースサイトしらべぇ)

今回の地震でも「市内全域が断水」とのデマが拡散されているが、信用できる情報を待つべきというブルゾンの言葉は正しいだろう。

西日本豪雨のときと同様、災害発生から積極的に情報の拡散をしているブルゾン。「心配してます」の言葉では終わらない彼女の本気に、心を打たれた人もたくさんいるに違いない。

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年3月24日〜2017年3月26日
対象:全国20代〜60代の男女1,332名(有効回答数)

関連記事(外部サイト)