2人に1人が外してる? 結婚指輪はすでに既婚者判別に使えなくなっている説

「結婚指輪をしていない」人が7割に 「結婚式をあげない」など新しいスタイルも増加

記事まとめ

  • 7割の人が結婚しているにも関わらず「結婚指輪をしていない」という結果がわかった
  • 50代以降は8割以上の大多数が、20代でも3割の人が「結婚指輪をしていない」と回答
  • 最近では「ナシ婚」と呼ばれる、入籍はするけど「結婚式をあげない」というスタイルも

2人に1人が外してる? 結婚指輪はすでに既婚者判別に使えなくなっている説

2人に1人が外してる? 結婚指輪はすでに既婚者判別に使えなくなっている説

2人に1人が外してる? 結婚指輪はすでに既婚者判別に使えなくなっている説

(pdiamondp/iStock /Getty Images Plus/写真はイメージです)

幸せ溢れる結婚式。互いに永遠の愛を誓い「指輪の交換」をする姿は、結婚式最大の見せ場ともいえる。

一方で、好みの異性に出会った時、その左手薬指に輝く指輪を判断基準に、既婚者・未婚者を判断し一喜一憂する人も少なくないだろう。

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の既婚者、男女893名に「結婚指輪を普段つけているか」調査を実施した。

■つける派が多数派だが…

(©ニュースサイトしらべぇ)

7割の人が結婚しているにも関わらず「結婚指輪をしていない」という結果に。中には、「仕事の都合でつけられない」、「金属アレルギーでつけられない」という人もいるのだろうが、既婚者の2人に1人がつけていないと考えると少し気がかりな数字である。

さらに、「つけない」と回答した人を年代別にみていくと…

(©ニュースサイトしらべぇ)

同じ既婚者でも、年代が上がるにつれて結婚指輪の必要性を感じなくなるのか、50代以降は8割以上と大多数が結婚指輪をつけていないことが判明した。さらに、新婚ホヤホヤであろう20代でさえ3割と決して低いとはいえない割合に。

■指輪を「しない」のには理由があります

では、なぜ結婚指輪をしないのだろうか。つけない派の声を調査すると…

「単純に夫婦関係が悪いから」

「気がついたらなくなっていた。もう一度買うお金がない」

「結婚指輪って宝石会社が儲けるためのものでしょ?」

「結婚後20キロ太ったら入らなくなった」

「主人と結婚して今年で32年、もう結婚指輪をする間柄でもないわ(笑)」

理由は人それぞれだが、結婚後、年齢と共にライフスタイルや価値観が変わってゆき、次第に結婚指輪の必要性を感じなくなっていることが伺える。

■結婚指輪は古い?

近年では、「ナシ婚」と呼ばれる、入籍はするけど「結婚式をあげない」「結婚指輪を買わない」といった、新しい結婚スタイルも多く耳にする。既婚者は「結婚指輪をしているもの」という発想は、古い考えなのかもしれない。

将来を共に歩むと誓ったパートナー。「そういえば、最近パートナーが結婚指輪をはめていないな…」と成らぬよう、結婚当初のことを思い出しながら、2人の時間を過ごすことが大切なのかもしれない。

(文/しらべぇ編集部・松野 佳奈)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2014年5月19日(月)〜5月20日(火)
対象:全国20代〜60代の既婚者男女 計893名 (有効回答数)

関連記事(外部サイト)