震災後の北海道でナンバープレート盗んだ男 その犯行理由に「許せない」と怒りの声

震災後の北海道でナンバープレート盗んだ男 その犯行理由に「許せない」と怒りの声

震災後の北海道でナンバープレート盗んだ男 その犯行理由に「許せない」と怒りの声

(AndreyPopov/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

大地震後、混乱する北海道の町で事件は起きた。車のナンバープレートを盗んだとして、自称・宮城県の運転手の男(43)が窃盗の疑いで逮捕されたのだ。

■泥棒をしようと…

運転手は7日から10日の間に北海道むかわ町のシルバー人材センター車場に停めてあったセンターの軽乗用車から、ナンバープレート2枚を盗んだ疑いが持たれている。

男は10日、警察署に自首し、「自分の車に付けて泥棒をしようと思った」と話したという。同町は最大震度7を観測した厚真町(あつまちょう)の隣だった。

警察は盗んだナンバープレートを付けた車を使い、被災地で空き巣をしようとしたとみて調べているとのこと。

■「ひどすぎる」と批判殺到

混乱し、都市機能も麻痺している被災地での非道な男の行為に、ネットには「許せない」「ひどすぎる」などと怒りの声が相次いでいる。また、「泥棒をしようと」という犯行目的についても、「身勝手すぎる」と批判が殺到している。

・町が混乱している時に限って現れるこういう輩。平時だったらそんな勇気ないくせに。本当に最低

・こういう人がいるのがすごい悔しい。町は復興しようと思ってるのに、いつもこの類の人間が足を引っ張っている

・泥棒するためって、さすがにちょっと身勝手すぎるでしょ。何で人の気持ちが分からないんだろうか…

・周りの人が弱っていても常に自分のことしか考えられない最低野郎。一生、刑務所から出て来ないでほしい

また中には、自称・宮城県の男であることを受け、「東日本大地震を思い出せ」とコメントする人もいた。

■「みなさん気をつけて」と心配の声

被災する度に起こる、こうした卑劣な犯罪。ネットからは、「気をつけて」「戸締りはしっかり」と被災地を気遣う声が多くあがっている。

・大阪、北海道など被災地にいる方々はこういう犯罪に気をつけてください。心の弱い奴は必ず狙ってます

・こうした緊急時でも、必ず戸締りをした方がいいと思います

・変な輩がわんさか出てくるので、夜道はなるべく女性一人で歩かないようにしましょう

・お辛いでしょうけど、犯罪への危機意識も常にもっていた方がいいですよ

人間が混乱し、弱っているところにつけ込む卑劣な犯罪者。残念なことに、こうした人間は一定数いるようだ。被災地の方々は、十分に周囲を警戒する必要がありそうだ。

(文/しらべぇ編集部・清水 翔太)

関連記事(外部サイト)