張本勲氏、MLB投手は「走り込み不足だから下手くそ」と批判 高橋慶彦氏も同調で物議

張本勲氏、『サンデーモーニング』でMLB投手は「走り込み不足だから下手くそ」と批判

記事まとめ

  • 『サンデーモーニング』で張本勲氏と元広島東洋カープ高橋慶彦氏が投手を巡り持論展開
  • 張本氏はメジャーリーグの投手は「走り込み不足で安定性がなく下手くそ」と斬った
  • 高橋氏は田中将大は綺麗に下半身を使っているとし、ダルビッシュ有に走り込み不足指摘

張本勲氏、MLB投手は「走り込み不足だから下手くそ」と批判 高橋慶彦氏も同調で物議

張本勲氏、MLB投手は「走り込み不足だから下手くそ」と批判 高橋慶彦氏も同調で物議

張本勲氏、MLB投手は「走り込み不足だから下手くそ」と批判 高橋慶彦氏も同調で物議

(©ニュースサイトしらべぇ)

16日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で張本勲氏とゲストコメンテーターの元広島東洋カープ・高橋慶彦氏が、投手について独自の理論を展開。

その内容が物議を醸している。

■MLB選手の暴投は「走り込み不足」が原因?

番組ではメジャーリーグで複数の投手がベンチに投げてしまうという大暴投を犯してしまう様子を紹介する。これを見た張本氏は

「喝です、これはね。なにやってんだこれ。アメリカのピッチャーの80%はだいたい上半身で投げるんですよ強いから。日本の大投手、名投手は80%下半身で投げるんですよ。ああいう状態は日本のピッチャーは起きないんですよ」

とコメント。「そして下半身が安定してない」と断罪する。これを見た高橋慶彦氏は、

「だから走り込みが足らないってことでしょう。日本のピッチャーは走り込んで靭やかさを持っているから、投げ方があんまり突っかかることはないですね」

と指摘。張本氏は「そうそう」と笑う。

■「結局は下手」とバッサリ

さらに、関口宏から「ボールをフニャッと握ってフニャッと投げているのでは?」と質問が飛ぶと、

「変化球を投げるときはボールを軽く握る。上半身で投げようとするから振りかぶったときに安定性がない。上で抜こうとしているから。結局は下手なんですよ」

と話し、メジャーリーグの投手は「走り込み不足で安定性がなく下手くそ」とバッサリ斬った。ちなみに、日本人でもある投手がバランスを崩し、ベンチに投げたことがある。

■日本人メジャーリーガーにも走り込み不足を指摘

さらに日本人メジャーリーガーの話題でも、2人は「走りこみ理論」を展開。5年連続で10勝した田中将大投手について高橋慶彦氏が、

「下半身中心のバランスの良い投げ方をしているんで安心して見ていられる。アメリカに行くと上体で投げる投手が増えるけどマー君だけは綺麗に下を使って投げている」

と指摘。高橋氏はアメリカに移籍した選手が上体で投げる原因について、マウンドの「土の硬さ」や傾斜の影響ではないかとコメント。すると張本氏が、

「走らないから。アメリカの選手は。日本のようにピッチャーは80%、90%走り込まなければダメだけど、逆だからね、アメリカのピッチャーは」

と再び「走り込み不足」を糾弾する。さらにダルビッシュ有投手が右肘を痛め手術を受けた話題でも、関口宏が「アメリカに行くとこうなっちゃう(怪我をする)のが残念」と話すと、高橋慶彦氏が「(原因は)走り込み(不足)ですかね」とコメント。

2人の野球理論は一致しているようで、投手の故障はほぼすべて「走り込み不足に起因している」との結論で、16日の「週刊ご意見番」コーナーは終了となった。

■走り込み理論に物議

張本氏は大谷翔平選手が肘を痛めた際など、これまでにもたびたび「走り込み」理論を展開し物議を醸してきたが、今回も「古い」「老害」など、一部から批難が。

まーた走り込み理論述べてるよこの爺さん。走り込み以外のトレーニング知らない疑惑あるよw

— ゼン@ヌル勢Ship10 (@Zen52Y0308) September 16, 2018

みんな大好き走り込み #サンデーモーニング

— 全ボイル全茹でマン (@Sanematsu0806) September 15, 2018

走り込みが足りないって言うだろうなと思ってたら案の定だった。

— さかまんじゅう (@sakaman42) September 15, 2018

■「太鼓持ちか…」と批判

また、一部ネット民からは高橋慶彦氏が張本氏と同様の意見を持っていることに驚く声もあった。

よしひこまで、走り込みって言うんだ。遅れてるねw #サンデーモーニング

— まろ (@whm886102211) September 15, 2018

橋も走り込み信者だったのwwwwwwwwwwww #TBS #サンデーモーニング

— ギャラルホルンの魂?弁護士 (@753_48) September 15, 2018

MLBの投手は80%が上半身で投げるとか走り込みが足りないとかハリーだけじゃなく高橋慶彦まで何を言い出すんや…

— ソレール (@Soler_1106) September 15, 2018

張本の横にきた橋慶彦というオッサンがアメリカ投手の「走り込み不足」を指摘。とんでもない太鼓持ちが現れたもんだ。

— ザトラス (@2atrass) September 15, 2018

■支持する声も

一方で「走り込み重視」を支持する声もある。

ダルビッシュは骨棘のクリーニング手術をした、と自身のTwitterで報告。今季は実質、棒に振る結果になってしまった・・・。来季は大丈夫?張さん&橋慶彦は揃って「走り込み」という結論でオチを付けた。根性論的?でも下半身の筋力が重要だから仕方ない。 #サンデーモーニング #TBS #MBS

— ウッチー(通りすがりの×××ファン) (@oregairon) September 16, 2018

そうだね。
走り込みすれば靭帯治るもんね。
走り込みバンザイ!

#サンデーモーニング

— 弥勒 (@Ajitamaitreya) September 16, 2018

いやいやランディ・ジョンソンもカーショーも走り込み大事って言ってますが
彼らはよく走ってるけどね
#サンデーモーニング

— アッチ (@VdeadlyblowV) September 16, 2018

ちなみに、今回「揶揄」されたダルビッシュ有投手は以前テレビ番組のインタビューで、「毎日の走り込みは不要」と述べたことがある。

■下半身強化の方法は他にもあるが…

現在はトレーニング器具なども揃っており、「走る」という選択肢以外にも下半身を強化する手段が数多く存在する。

走ることを嫌う選手も多いだけに、嫌な練習よりも自分に適した方法で下半身を鍛えたほうが効果が高いようにも思えるが、球界のレジェンドである張本氏と高橋慶彦氏は、「投手は走り込んで体を作るべきだ」と考えているようだ。

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治)

関連記事(外部サイト)